---------------

UR賃貸短期入居・短期解約・仮住まいは違約金がかかる?

建替えリフォームなどの仮住まいはUR賃貸がおすすめです

『仮住まいが見つからない!』と苦労される方が非常に多いです

 
 

一般的な賃貸住宅は2か月~3か月程度の短期間の賃貸は断られることが多いです

  • リフォーム費用がかかる
  • 募集時期が悪くなる

など短期で貸してしまうと赤字になるからです

例え短期で借りることができても別途費用(違約金)を請求されることもあります

 

その点UR賃貸住宅の場合は2週間前に退去通告をすれば、いつでも退去することができます

特に入居期間の規定は特にありません

どうしても仮住まいに困られたらUR賃貸をご検討してみるのもいいかもしれません

 

仮住まいの探し方

仮住まいとは

リフォームや家の建替えのために3カ月間~6カ月間の一時的な住まいになります

民間アパート・賃貸マンション・UR賃貸住宅などを利用する場合が多い

 

短期賃貸住宅探しは苦労する

短期間の住宅だから安くつくと思われている方は非常に多いです

実際のところ、民間賃貸は1年以上もしくは2年以上の入居が前提になっています

 

  • リフォーム代がかかる
  • 繁忙期を逃してしまう
  • 費用負担が多い

 

入居者が変わる度に多額のリフォーム料金料を家主さんが負担しています

そのために仮住まいで短期で解約されてしまうと、又、リフォーム代がかかってしまうことで嫌がられてしまいます

又、繁忙期を過ぎて解約されると最悪1年も空室というリスクも発生してしまいます

 

 

民間賃貸は費用が高くつく訳

  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 家賃保証会社加入料
  • 鍵交換費用

など、その他にも費用がかかる場合が多くあります

又、短期違約金というものもあり、1年未満の場合は違約金がとられる場合もあります

民間賃貸の場合はファミリー向けの住宅の場合30万円~50万円は費用が高くなります

短期だから安いというわけではなく、短期だから高くなります

 

こういった費用はUR賃貸では一切かかりません

仮住まいは半年から1年ぐらいが多いのではないでしょうか

初期費用が高くつくと仮住まいだけで100万円~200万円とかかる可能性もあります

 

UR賃貸短期契約・短期解約

UR賃貸短期契約

UR賃貸の契約では長期契約・短期契約という概念はありません

賃貸者契約期間について特に縛りがありません

また、短期間だからということで違約金を請求されたりすることもありません

 

UR賃貸短期解約

UR賃貸住宅は入居日も退去日も日割計算でできます

また、退去するのは2週間前に管理事務所に言えば退去手続きができます

契約書にも2週間前であれば退去できるということが書かれています

 

入居期間は特に決まっていませんので問題ございません

安心してご相談してみてください

 

仮住まいにUR賃貸がおすすめできる訳

おすすめのポイント
  • UR賃貸は全国にあるということで、物件が比較的に探しやすい
  • 最短で2週間の契約も可能
  • 礼金・仲介手数料が不要
  • 広い住宅が多い・荷物も入れることができる
  • 共用廊下が広いので2回の引っ越しもスムーズ
UR賃貸のお申込み資格についてのまとめ

UR賃貸審査落ち、でも諦めるのはまだ早い!徹底解説付き

 

UR賃貸は実質の負担は家賃だけ!

日割り家賃で入居時も退去時も可能

入居時の家賃から日割り計算で入居するのは民間住宅でもUR賃貸でも同じですが、解約時は月単位で家賃が一般的にはかかってきます。

UR賃貸は解約したい2週間前に通知することで、いつでも解約することができます

 

空家賃を払わないで済むということで費用が抑えられます

 

敷金2ヶ月は全部戻ってくる?

敷金は預り金(あずかりきん)になります

UR賃貸が発表している住居復旧費用が平均費用4万円だそうです

仮住まいということであれば、期間も短く綺麗に利用することで返金額も増える可能性が高いようです

綺麗に利用ということになれば、返金される敷金も多くなります

 

引越し費用が抑えれる

仮住まいの場合は2回引越しが必要になります

仮住まいの住居の道路が狭い場合や荷物の出し入れが困難な住居を選ぶと費用は高くなります

UR賃貸は大きな敷地を確保している住居が多く道路付けも非常にいい場合が多いです

又、エレベーター付きの住宅が多いために引越の見積もり額が抑えられやすくなります

 

UR賃貸は部屋が広い(ファミリータイプ)

仮住まいのポイントは住居の荷物が保管です

民間賃貸の場合は部屋を小さくして、部屋数を多く作る傾向があります

部屋数が多いと家賃が高くなるためです

UR賃貸は家賃が少し高いとよく言われていますが、部屋が広く作られているものが多いです

ゆったりとしている部屋だからこそ、住居の荷物保管ができます

 

1年以上の仮住まいにはフリーレント付きのお部屋がおすすめ

UR賃貸は部屋によってはフリーレント1ヶ月・フリーレント2ヶ月というキャンペーンをおこなっているものもあります

フリーレントを利用する場合は1ヶ月のフリーレントであれば1年以上の入居が必要・2ヶ月のフリーレントは2年以上の入居が必要になります

長期の仮住まいの場合はUR賃貸住宅のフリーレントがおすすめになります

 

UR賃貸は1ヵ月の仮住まいも対応できる!

家賃を抑える

UR賃貸であれば最短で2週間限定で借りることも可能です

短期契約は民間住宅ではなかなか貸してくれません

 

仮住まいは基本的には1年未満が多いですが、賃貸物件によっては1年未満の解約は解約違約金を請求されることも多いです

UR賃貸住宅は短期・長期という考え方がなく、解約したいと思った時に2週間前に通知すれば2週間後に解約が成立します

なかなか仮住まいが見つからない場合はUR賃貸住宅をご検討してみてはいかがでしょうか

 

初期費用が安くですみます

UR賃貸の場合は

  • 保証金(家賃2ヶ月分)
  • 日割家賃・日割管理費

になります

 

民間賃貸を借りる場合、

  • 仲介手数料
  • 礼金
  • 保証金
  • 鍵交換費
  • 火災保険加入
  • 家賃保証会社加入

と項目だけでもかなりの費用がかかります

ワンルームマンションであっても10万円前後

2DKになると30万円~50万円ぐらいの費用が一般的にかかります

これだけでも費用は大きく変わってきますが、綺麗に使えば保証金もほとんど戻ってくる可能性が高いです

 

賃貸で数ヶ月だけ生活するために、そんなには汚れないのではないでしょうか?

解約する場合はルームチェックで汚れた部分と壊れた部分を確認した費用が保証金から差引されて戻ってきます

 

初期費用が安いけど出るときの費用はどれぐらい?実は安いです

初期費用が安いけど出るときの費用はどれぐらい?実は安いです

ご入居までの流れとお祝い金キャッシュバックのタイミング

ご入居までの流れとお祝い金キャッシュバックのタイミング

日割り計算で退去することができる

UR賃貸の場合は民間賃貸と違い月の途中でも解約することが可能です

解約したい日から2週間前に管理事務所に解約を通知することでいつでも解約することができます

 

入居日についてももちろん入居した日からの日割り計算になりますので、無駄なカラ家賃を支払う必要がないというのも魅力です

 

 

ur賃貸の退去前には掃除をしたほうがいいという話

ur賃貸の退去前には掃除をしたほうがいいという話

ur賃貸の退去時に行う査定について

ur賃貸の退去時に行う査定について

荷物と仮住まいすることができます

 

荷物と仮住まいすることができます

自宅の建替えやリフォームをする場合にトランクルームを借りて、荷物を保管される方も多いです

トランクルームの費用も意外と高額です

 

全国にあるUR賃貸は大型のものも多く3LDK~4LDKタイプの住戸も多くあります

荷物と一緒に生活することで費用の無駄も省けるのと同時に、仮住まいと言えども快適に生活することができます

 

引っ越し代を安くするなら1階住戸もしくはエレベーター付きの物件

仮住まいの場合は2回引越しが必要になります

その際、引越し屋さんに支払う引越し代はエレベーターがない物件になると見積もり金額が高くなる場合が多いです

UR賃貸の場合はエレベーターのない物件もありますが、5階以上のマンションタイプであればエレベーターがあります

1階住戸があれば1階をおすすめします

上層階になるほど、引越し代は上昇する可能性が高いです

 

UR賃貸のデメリット

UR賃貸のデメリット

希望の地域に物件がない場合もある

全国に物件は多くありますが、駅前に人気物件はなかなか空きがでないことが多いです

駅から10分~以上の物件は常に空いている場合が多いです

UR賃貸で住宅を探す場合は希望エリアを広げる必要があるかもしれません

 

家賃が安くない場合もある(すべてではないです)

UR賃貸の家賃設定は民間住宅の経営圧迫を避けるために、家賃設定が民間住宅より高く設定されている場合があります

建築物は昭和~平成までの建築物があります

仮住まいで考えれば昭和の築であれば家賃はかなり抑えることができます

費用を抑えられたい場合は昭和40年代の建築物がおすすめです

家賃は少し高くなりますが、初期費用がほとんどかからないのでトータルでみるとUR賃貸のほうが安くなるケースが多いです

 

ペット可の仮住まい賃貸は難易度が高い

民間賃貸・UR賃貸でもペット飼育が可能なものはもともと非常に少ないです。

更に短期契約という条件がつくとほとんど対応することができなくなります

UR賃貸では一部ペット飼育ができる共生型住宅というものもありますが、もともと戸数がすくないためにほとんど空室になることがありません

ペットホテル・知人に預かってもらうなど考えることも必要になるかもしれません

 

まとめ

民間賃貸マンションで仮住まいを探すとなかなか家主様、管理会社様から短期契約の了解がもらえないことが一般的です

最近では民間賃貸の多くが1年未満の短期入居の場合は違約金を取られてしまうことも多いです

UR賃貸では短期入居の違約金は設定されていません

 

UR賃貸のメリットは

  • 費用が安い(仲介手数料・礼金不要)
  • 最短で2週間も可能
  • 入居も退去も日割計算
  • ファミリー向けの物が多い

など費用を抑えられるメリットもあります

 

UR賃貸のデメリットは

  • ペット飼育できるものが少ない
  • 近くに物件がない

 

UR賃貸のメリットデメリットを考えらがら、仮住まいを考えられている方ご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

契約家賃の100%キャッシュバック

 

会社名 マチ不動産株式会社
住所 神戸市灘区福住通2-1-9
電話 078-802-8917
FAX 078-964-5620
メール info@gpjapan.net
創業 2007年8月
定休日 水曜日
所属団体 (公社)全国宅地建物取引業保証協会
(一社)兵庫県宅地建物取引業協会

 

 


[/cta_in]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です