---------------

保証人・保証会社負担を避けるにはUR賃貸住宅がおすすめです

保証人・保証会社負担を避けるにはUR賃貸住宅がおすすめです

賃貸住宅を借りるとき保証人が必要な賃貸は正直めんどくさいことはありません

最近、保証人ということに対しては嫌悪感を感じる人も増えてきています

賃貸の場合は特に保証人さんが必要はなくそのまま本人さんの年収もしくは預金額のみで審査されるので非常に借りやすい住宅ではないでしょうか

完全に保証人不要の部屋と保証人はいらないけど保証会社が必要な部屋

民間住宅は部屋によっては保証人+保証会社

民間賃貸住宅では保証人が必要いらない物件もありますが、基本的にはすべて保証会社の保証が必要になります

保証人がいらなくなっても保証会社の保証がいるので、あまりうれしくはないですね

物件によっては保証会社の保証と保証人を付けなければならない物件も多数あります

家を借りるというのは今も昔も弱い立場です

保証人制度・保証会社制度は家賃滞納のリスクから家主を守るために必要な制度ですが、入居者にとっては大きな負担です

保証会社の審査を通りにくい方

  • 外国籍
  • シニア層
  • 年収が少ない

人気の部屋は審査は特に厳しいです

選んだ部屋の審査に落ちるとかなりショックです

また、審査が緩いお部屋は人気のない部屋である場合が多いです

保証会社の費用は1回だけではない

入居時だけ保証会社の費用がかかる場合と2年に1回保証料がかかる場合があることをご存じでしょうか?

近畿保証という老舗の保証会社のプランには入居時だけのプランがありますが、その他の保証会社は2年に1回家賃の50%~100%支払う必要があります

保証会社と不動産会社の利益になる費用で入居者や家主にはまったく意味のない仕組みでもあります

保証会社の負担は入居期間に応じて増えていきます

保証人が亡くなると新たな保証人が必要

保証人が必要な賃貸の場合は保証人が亡くなると新たな保証人を立てなければいけません

保証人を好んでやってくれる人は先ずいませんので、気も使いますがお金も使います

保証人・保証会社の必要がないUR賃貸の審査とは

収入審査もしくは預貯金の審査

基本的には家賃の4倍の収入が必要です

ただ、足りなければ家族との収入合算をすることもできます

また、同居していない家族とも合算することができます

合算出来る額は家賃の半分より少ない額になります

だから、収入が足りない時は収入合算する方法がおすすめです

1年間の家賃の前払い

というユニークな方法もあります

無職の方や年金生活の方などには嬉しい制度です

審査に必要なものも住民票程度になります

家賃の100倍の預貯金でも審査は通ります

こちらはハードルが高くなりますが家賃の100倍の預貯金の残高証明

預貯金がある方にはおすすめの制度になります

シニア世代、母子家庭には救済処置もありますので、窓口で相談するしてはいかがでしょうか?

外国籍の方も所得もしくは預貯金などの条件で入居が可能です

UR賃貸は民間賃貸に比べて手間がかかる

  • UR賃貸は家賃が高い
  • 収入が高くないといけない
  • システムが時代遅れ

おしゃられる方も多いです

立地条件と部屋の広さ・築年数によって価格は違います

18㎡のワンルームタイプがないために、家賃が高いと感じる方は多いです

家賃は民間賃貸の相場に合わせているとのことですので、高いということはあまりないのではないかと思います

また、UR賃貸の場合は民間賃貸住宅のように営業マンが案内してくれるtいうことはなく、自分で鍵を借りて見学します。

不便と感じる方もいらしゃいますが、仲介手数料が一切かからないほうが負担は少ないです

まとめ

いかがでしたでしょうか

民間賃貸住宅は家主保護の観点から入居者負担は大きくなりがちです

また、民間ならではの保証会社制度と仲介不動産会社の存在も経済的に入居者負担が増えてしまします

そういった負担が少ないUR賃貸住宅に合う方は

  • 外国籍の方
  • 古い物件でもあまり負担を感じない方
  • 初期費用を抑えたい方
  • 保証人を立てることが面倒もしくは立てられない方
  • 35歳未満の方
  • 子育て世代の方
  • シニアの方
  • 近くに両親が住んでいる方

1 個のコメント