---------------

賃貸住宅では仲介手数料無料という不動産屋さんが多くなってきています

賃貸住宅では仲介手数料無料という不動産屋さんが多くなってきています

UR賃貸住宅は仲介手数料がかかりませんが、

 

民間賃貸住宅においてはまだまだ、手数料がかかる住宅が非常に多いです

 

今後は住宅においては仲介手数料は無料の不動産会社が多くなってきています

 

なぜでしょうか?

契約家賃の100%キャッシュバック

借りたい方が減ってきている

UR賃貸など公共の賃貸での仲介手数料無料というCMなど

 

不動産業界は非常に閉鎖的でしたが、少子高齢化などで賃貸住宅を借りたいという方が現在

 

非常に減っているということが言えます

 

そのために集客の一環として仲介手数料がかからない不動産会社も多くなってきています

 

最近では1社でしか紹介できない物件は非常に少なくなってきているので

 

どうせ同じものを借りるのであれば、手数料がかからない不動産会社に依頼することを

 

おすすめします

 

賃貸住宅が余り出している

 

賃貸住宅が少ない時代であれば、貸主優位が続いていました

 

最近では賃貸マンション・アパートをサラリーマンでもセカンドビジネスとして

 

運営されている方も非常に多くなってきています

 

その中では賃貸住宅が以前よりいいものが市場にあふれてきているということが言えます

 

以前の仲介手数料は家賃の1か月分

 

昔は入居者の立場が弱かったために、仲介手数料1か月分がかかるということでした

 

宅建業法という不動産業者が守る法律では

 

借主  0.5か月

 

貸主  0.5か月

 

という仲介手数料は家主さんと入居者から合わせて1か月分の仲介手数料しかいただくことはできませんが、

 

賃貸住宅が少ない中では貸主(家主さん)の力が強く

 

入居者の力が弱かったので、手数料の負担をすべて入居者に求められてきています

 

最近の傾向

 

現在は住宅の供給量が多いために

 

入居者さんから仲介手数料をいただくより、貸主(不動産オーナー様)から頂く手数料が増えてきています

 

そのために、入居者様には仲介手数料無料ということができる

 

不動産屋さんが増えてきています

 

今後もこの傾向は続く可能性があります

契約家賃の100%キャッシュバック