---------------

ur賃貸で審査される勤続(期間)はどれぐらい必要!

ur賃貸で審査される勤続(期間)はどれぐらい必要!

UR賃貸に入居しようと思うとどれくらい仕事をしている期間が必要かが気になるかと思います

 

1年以上?

 

2年以上?

 

など必要ではないかと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

実は期間はあまり問題にはなりません

 

現在、仕事をしているかが問題になります

 

勤続1年未満の場合

勤続が1年未満の場合は収入証明書をお勤め先に記入してもらいます

 

UR賃貸の書式で

 

収入証明

 

お勤めを始めた日から1年間の収入を予定金額として記入してもらい、社印を押してもらいます

 

12で割って、月の収入を計算します

 

単身の方で62,500円までの家賃の4倍の収入が必要になります

 

家族の方では82,500円までの家賃の4倍の収入が必要になります

 

UR賃貸に入居するための審査条件とは

 

つまり、勤続期間は気にしなくてもいいということになります

 

1年以上勤務されている場合の審査

1年以上の勤務期間がある場合は

 

昨年度の収入が審査基準になります

 

必要な書類は

 

①源泉徴収票

 

②市県民税課税証明書もしくは住民税決定通知書

 

①と②に両方が必要になります

 

審査については1か月あたりの収入が家賃の4倍の収入が必要になります

 

世帯でお申込みの場合

家賃額 基準月収額
82,500円未満 家賃額の4倍
  • (例)家賃額6万円の住戸の基準月収額は
    家賃額の4倍の24万円です。
82,500円以上 20万円未満 33万円(固定額)
20万円以上 40万円(固定額)

・単身者でお申込みの場合

家賃額 基準月収額
62,500円未満 家賃額の4倍
  • (例)家賃額5万円の住戸の基準月収額は
    家賃額の4倍の20万円です。
62,500円以上 20万円未満 25万円(固定額)
20万円以上 40万円(固定額)

UR賃貸のお申込み資格

まとめ

 

UR賃貸の入居審査は厳しいといわれていますが、勤続期間については非常にゆるいのではないかと思います

 

まだ、仕事を始めたばかりの方や長期休業をされていて職場復帰された方などはUR賃貸住宅は借りやすい場合があります

 

 

 

 


[/cta_in]