---------------

UR賃貸で利用することができるインターネット環境について解説!

UR賃貸で利用することができるインターネット環境について解説!

UR賃貸は初期費用(礼金なし・仲介手数料なし・保証人なし)が安いということで賃貸住宅として、現在も人気を博しています。

格安の料金で住むことができることもメリットの一つではありますが、インターネット環境が追加で整えられていることもあります。

今回は、UR賃貸におけるインターネット環境について紹介していきます。新居をUR賃貸にしようと思っている方は、新たにインターネット業者で契約するのではなく、今回の記事の内容を検討してからにしてみてはいかがでしょうか?

 

光配線方式(超高速インターネット対応)

光配線方式(超高速インターネット対応)は、電話局などから光配線を配線し、自宅内でも超高速インターネット通信を利用することができるインターネット環境になります。

事前にブロードバンドバンドルーターなどを用意しておくことにより、複数のWi-Fi対応機器でインターネットを利用することができるようになります。

また、パソコンに光回線のケーブルを直接接続することもできるので、インターネットゲームなどの高速通信が必要なソフトなども安心して扱うことができます。

UR賃貸において、超高速インターネット通信を利用できる通信方式は、この光配線方式と住棟内LAN方式の2つのみとなっており、これ以外の方法で超高速インターネット通信を利用することはできません。

持ち家であれば、電話会社を通じて光配線を自由に引くことができますが、UR賃貸は賃貸住宅のため、許可なく配線工事を行うことはできないからです。

超高速インターネット通信には、光回線が必ず必要になるため、利用したいという方は、申し込み前にしっかりと要項を確認するようにしましょう。

万が一、誤って契約してしまった場合でも、基本的に取り消すことはできません。

 

住棟内LAN方式(超高速インターネット対応)

住棟内LAN方式(超高速インターネット対応)

住棟内LAN方式(超高速インターネット対応)は、その建物全体分を補うことができるWi-Fi機器を使用することで、棟内の全員がWi-Fiを利用することができるようになるインターネット環境になります。

この場合は無料で試用することができる場合や、「Wi-Fi完備」等、Wi-Fiがあること自体をアピールポイントにしていることも多々あります。

有料の場合と無料の場合がありますが、多くの場合、Wi-Fiは「この家庭だけは利用できないように」ということができないため、無料で試用できる場合がほとんどです。

無料で利用することができる反面、通信速度が落ちてしまうこともあります。特に朝の時間帯や夜のリラックスタイムなどには、多くの方が自宅内にいるため回線が込み合い、通信速度が遅くなることもあります。

前述の通り、UR賃貸住宅で超高速インターネット通信を利用するには、この方法と光配線方式で利用するしか方法はありません。

光配線方式と比較すると、若干通信速度の低下がありますが、目立ったスピードの低下ではないので、そこまで心配する必要はありません。ゲームや高画質での動画視聴も問題なく行うことができます。

 

VDSL方式(超高速インターネット対応)

VDSL方式(超高速インターネット対応)は、①の光配線方式(超高速インターネット対応)と似ている仕組みになっています。

違いは、光配線方式では事業者がその部屋だけに光配線の工事をしますが、VDSL方式ではその建物内のすべての部屋に光回線が利用できるような配線が施されていることです。

光配線方式と比較しても大差がないくらい通信速度が速く、超高速インターネットを利用することができます。

YouTubeなどの動画を4K画質でスムーズに閲覧したい方や、ゲームなどを快適に楽しみたいという方にはおすすめの通信方式になります。

こちらも賃貸住宅のアピールポイントとして前面に出されていることが多い傾向にあります。

この方式の場合、家庭ごとに利用するか利用しないかの分別を行うことができるため、オプションとして選択できる場合もあります。

VDSL方式は電話口に配線が開口している場合がほとんどで、ルーター等を設置して家庭内に無線LANを飛ばす方法が主流となっています。

 

ADSL方式(高速インターネット対応)

こちらは、UR賃貸の管理室を中継地点として、2つのケーブルで通信する方式になります。

まず、電話会社などからの配線がUR賃貸の乖離室などに配線されます。

その後、別の光ケーブルを通して各部屋へ光配線が配線されるという仕組みになっています。

こちらは、VDSL方式や光配線方式とは異なり、「超」高速インターネット通信は利用することができません。理由は2点あり、1つ目は中継する手間がかかっているからということです。

UR賃貸の管理室を経由しているため、余計な手間がかかっています。

そのため、「超」とまで呼べる高速インターネット通信は実現することができないのです。

2つ目は、電話局からの配線が光配線ではないということです。

光配線方式では、電話局からの配線も光配線になっているのですが、ADSL方式においては、電話局からの配線が光配線方式にはなっておらず、通常の電話回線と同じ物が利用されています。

そのため、こちらも「超」と呼べるほどの高速通信は実現することができません。

これらの理由から、ADSL方式では現状最高速度と呼べる通信速度までは実現することはできません。

ただ、普段の利用で違和感があることはあまりなく、かなり込み合っている際に少し遅延を感じるほどです。動画視聴やゲームも問題なく行うことができますので、全く問題ありません。

かなりの反射神経と超高速インターネット通信が必要な、一部FPS以外であれば、それ以外の利用で遅さがストレス‘になるとは考えにくいでしょう。

 

CATV方式(高速インターネット対応)

この方式では、皆さんの自宅で利用する通信とUR賃貸の管理で利用するインターネット通信を今日烏有して利用するというものです。

VDSL方式においては、各部屋へ配線を行うことになっていますが、この方式では直接ではなく、枝分かれする形で各部屋へ配線が行われています。

つまり、各部屋の情報が同じ1本の経路で管理室のルーターに届き、そこから通信会社の機器へつながっているということです。

高速インターネット通信を利用することができますが、この方式のデメリットは込み合っている時間帯に利用しようとすると遅延が生じるということです。

たくさんの方が利用することで、集約して管理室のルーターに流す経路が詰まってしまうことが遅延の原因となっています。

4K以外での動画閲覧であれば、そこまで問題はありませんが、高画質での閲覧や、通信量の多いゲームなどは、少々時間がかかることもあります。

ただ、遅くなるとはいえ高速インターネット通信のため、ある程度のスピードは保たれています。

そのため、ほとんどの方にとっては、特に問題はないかもしれません。

 

どの通信方式を採用している住宅に住めば良いのか?

検討している団地に希望のシステムが採用されているかどうかということはありますが、ここからはたくさんの通信方式がある中で、「どの通信方式を採用しているUR賃貸に住むべきなのか」という点について紹介していきます。

結論からお伝えすると、どのUR賃貸に住むかは、「インターネット通信を利用する理由」によります。

ここからはインターネット通信を利用する理由ごとに分けて紹介していきます。

 

①データ通信量を気にせず動画を視聴したい

Wi-Fiを利用すると、モバイルデータ通信を利用する必要が無いため、安心して動画を視聴することができます。

動画を視聴する際にWi-Fiを利用したいという方であれば、「基本的にどの通信方式のUR賃貸に住んでも問題ありません」という結論になります。

前述の内容だと、「超高速インターネット通信でないとスピードが遅い」と感じてしまうかもしれませんが、そんなことはまったくありません。

高速インターネット通信でも十分に動画を視聴することができますし、支障も全くありません。込み合っている時でも、2.3秒待てば普通に再生できる程度ですので、そこまで性能が悪いというわけではありません。

そのため、動画を視聴したいという方であれば、どの通信方式を利用しても問題ないでしょう。

 

②ゲームをしたい

ゲームといっても様々なゲームがありますよね。

パズルゲームやFPSなど、ジャンルによって必要なインターネット通信の量も変化します。

その中でも、「超高速インターネット通信」を利用するのは、FPSゲームやバトルロワイヤルゲームになります。

この手のゲームは、全国・世界で通信を行っているほか、たくさんのプレイヤーの情報処理をリアルタイムで行っているため、莫大な通信量が必要になるのです。

これらのゲームを行いたい際には、超高速インターネット通信が推奨されますので、利用したほうがストレスなく楽しむことができます。

一方、パズルゲームを代表とした、そこまで通信量が必要ないゲームに関しては、どのインターネット通信方式でも全く問題ありません。

むしろ、この手のゲームに関しては、動画再生よりもデータ通信量は少ない傾向にあります。

 

③テレワークで自宅で仕事をしたい

在宅でのテレワークではZOOM・Skypeなどのウエイブ会議が絶対条件になってきています

WiFi環境が貧弱だと仕事の効率化に非常に影響がでるために最低限の環境というよりはより高速に利用できる環境が求められます

光配線方式の速度が出る環境がやはりおすすめです

有線で接続することも可能であるために周りの環境に影響されることがありません

UR賃貸で利用できるかどうかは事前に確認が必要になります

 

まとめ

今回は、UR賃貸住宅におけるインターネット環境やインターネット通信速度について紹介しました。

様々な通信方式がありますが、一番の分かれ目は「超高速インターネット通信」を利用することができるかという点になります。

基本的に利用できる場合には少々値段(家賃)が高い傾向にあることもあります。

自分の使用用途をしっかりと把握し、最適な通信環境を整えることができるようにしましょう!

また、焦って入居前にルーター等を契約しないよう、確認してから各種手続きを進めましょう

 


[/cta_in]