---------------

賃貸の仲介手数料が安い不動産会社とは?メリット・デメリットもご紹介します!

賃貸の仲介手数料が安い不動産会社とは?メリット・デメリットもご紹介します!

賃貸物件を契約する時に、仲介手数料というものがありますよね。

 

仲介手数料は、不動産屋によって価格が異なるので、正しい知識がないと損をしてしまう事があります。

 

そこで今回は、賃貸の仲介手数料が安い不動産会社や、仲介手数料が安い場合のメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

 

これから、賃貸を探そうと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

賃貸の仲介手数料とは?

 

それではまず、そもそも賃貸の仲介手数料とは、どのようなものなのかについて解説していきたいと思います。

 

賃貸の仲介手数料とは、物件を探してくれた不動産会社に対して支払う料金の事を指します。

 

賃貸物件を契約する際に、大家さんと借主の橋渡しの役割をするのが不動産会社ですが、その橋渡し代金となるのが仲介手数料です。

 

仲介手数料は、法律によって上限が賃貸物件の家賃1ヶ月分+消費税までと定められています。

 

通常、家賃には消費税はかかりませんが、仲介手数料は手数料の為、消費税が上乗せされる事があります。

 

賃貸の仲介手数料は、不動産会社によって様々で上限ギリギリの設定の場合もあれば、半額や無料という場合もあります。

 

「ミニミニ」「エイブル」「アパマンショップ」の仲介手数料は?

 

では次に、不動産会社ではお馴染みの、「ミニミニ」「エイブル」「アパマンショップ」の賃貸の仲介手数料をご紹介していきましょう。

 

 ミニミニ

 

まず1つ目は、ミニミニです。

 

ミニミニでは、賃貸の仲介手数料は、家賃の0.5ヶ月分となっています。

 

賃貸の仲介手数料が、家賃1ヶ月分という不動産会社が多い中で、ミニミニは安い方だと言えるでしょう。

 

家賃が若干高いお部屋でも、仲介手数料が安いミニミニですと、初期費用が抑えられそうですね。

 

エイブル

 

2つ目は、エイブルです。

 

エイブルでも、仲介手数料は家賃の0.5ヶ月分となっています。

 

不動産会社エイブルの直営店では、仲介手数料は法律で定められた原則料金である、家賃の55%以下で営業していて、さらにお得なキャンペーンによって仲介手数料の割引も行われます。

 

初期費用を抑えたい人には、おすすめですね。

 

アパマンショップ

 

そして3つ目は、アパマンショップです。

 

アパマンショップでは、仲介手数料は家賃1ヶ月分となっています。

 

今回ご紹介する不動産会社の中では、一番高めの設定ですが賃貸における仲介手数料としては、相場通りと言えるでしょう。

 

アパマンショップでも、仲介手数料が無料などになるキャンペーンがあり、その時期を狙って契約する事で初期費用は抑えることが出来ます。

 

 

賃貸の仲介手数料が安い場合のメリット

 

では次に、賃貸の仲介手数料が安い場合のメリットをご紹介していきたいと思います。

 

賃貸の仲介手数料が安い場合の最大のメリットは、やはり初期費用を抑えることが出来るという事でしょう。

 

引っ越しには、仲介手数料だけでなく敷金・礼金、引っ越し代金の諸々など初期費用が思いのほかかかりますよね。

 

こうした時に、仲介手数料が安いとそれだけ費用が抑えられます。

 

 

賃貸の仲介手数料が安い場合のデメリット

 

では次に、賃貸の仲介手数料が安い場合のデメリットは、どのようなものがあるのを見ていきましょう。

 

賃貸物件において、キャンペーンなどを除くと仲介手数料が安いもしくは無料の物件は数が限られています。

 

その為、物件の選択肢が狭くなるというデメリットがあるのです。

 

また、仲介手数料自体が安くても、オプションなどで別途料金が発生する事もあります。

 

このように、仲介手数料が安い場合は、選択肢が狭くなる事やオプションなどの確認が必要というデメリットがあると言えるでしょう。

 

 

賃貸の仲介手数料は安くなる?

 

では最後に、賃貸の仲介手数料は安くなるのかについて解説していきましょう。

 

結論から言うと、賃貸の仲介手数料は、交渉次第では安くすることが出来ます。

 

仲介手数料は、上限が法律によって家賃1ヶ月分+消費税までと定められているので、何も交渉をしなければそのままの料金を請求される事がほとんどです。

 

賃貸の仲介手数料の交渉では、仲介手数料が安い他社を引き合いに出すのも有効でしょう。

 

特に、7月~9月の時期は、閑散期で空室を埋めたい時期なので、交渉に応じてもらえる可能性が高くなります。

 

 

まとめ

 

さて今回は、賃貸の仲介手数料が安い不動産会社や、メリット・デメリットなどをご紹介してきました。

 

賃貸物件の場合は、ほとんどが仲介手数料を支払う事になります。

 

そのため、正確な知識を持たないまま賃貸を探すと、悪質な業者に騙されてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

そうならない為にも、法律で定められている仲介手数料を知り、その中でも賃貸の仲介手数料が安い不動産会社を選ぶ事で、初期費用を抑えながら引っ越しをすることが出来るのです。

 


[/cta_in]