---------------

UR賃貸の評価・評判は(賃料・広さ・生活)

UR賃貸の評価・評判は(賃料・広さ・生活)

テレビでよく見ることが多くなったUR賃貸のCM

『UR賃貸であ~る』と可愛い女優さんとイケメンの俳優さんがUR賃貸のいいところを説明しています

本当にいいところばかり?

と疑問にお答えさせていただきます

UR都市機構の代理店をさせていただいていますので、少しいいようにいってしまうかもしれませんので少し控えめに読んでいただければ幸いです

 

UR賃貸評価・評判は

ペット不可だけどペットを飼っている人も

UR賃貸住宅のなかで不思議とペットを散歩されている方と合うことがあります

ここはペット可なの?

と疑問に思ったこともありますが、黙ってペットを飼っているというのが真相のようです

ペット飼育の住人さんをそのままにしている訳ではなくて、退去やペット飼育を辞めるようにはしているようです

ペットを飼育していると退去の時に高額請求されることもありますので、絶対しないほうがいいです

 

シニア層が非常に多いです

UR賃貸住宅は物件によってはシニア層中心の住宅も多いです

建築された昭和40年代に子育て世代だった住人さんがそのまま40年~住み続けている方も多いからです

 

賃料は高いのでは?

他の賃貸物件より思ったより価格が高いという書き込みをよく見ます

答えは民間賃貸とUR賃貸の同等程度のマンションの場合、賃料はほとんど同じです

理由は民間圧迫にならないように、民間よりは高くも安くもしない価格設定がされています

UR賃貸は民間でも役所でもないUR都市機構という団体で運営されています

国土交通省所管の独立行政法人で旧公団住宅になり、民間賃貸住宅に比べて高くもなく安くもない価格設定がされています

 

高いと感じる理由は?

(広すぎるUR賃貸住宅)

なぜ、高いと感じるのかというと、お部屋が単純に広い物件が多いからです

ワンルームの一般的な広さが18㎡程度です

UR都市機構のワンルームの広さは32㎡~以上のものが多いです

同じ広さであれば、ほとんど価格は変わりません

(建物が立派すぎる)

UR賃貸住宅の建物は鉄筋コンクリート造で耐震性や耐熱性に非常に高い建物とされています

建築コストも高く、民間の分譲マンションと同じものになります

一般的な賃貸マンションは木造・鉄骨造りのものが多くコストも安いですが、耐震性・耐熱性そして音の問題などもあります

 

賃料は変わらなくてもシステムがかなりお得

(システムがお得)

賃料は変わりませんが、システムが大きくちがいます

仲介手数料、礼金、更新手数料、入居時の鍵交換代が全て無料でトータルで考えると結果安くなります。

また、更新料など維持費もより抑えられるので長く居住する方にもおすすめです。

さらに、退去時の原状回復負担区分(居住した際に入居時と同じ状態にするためにかかる金額の範囲)が明確なためこの件で多いトラブルも避けられ、残った敷金は返金してくれます。

そして、連帯保証人、家賃保証会社がなくても申込者本人の平均月収の4倍であれば入居できます。

やはりお金が一番の決め手になると思いますが、転勤族の方でも更新手数料がかからず嬉しいはずで、わざわざ周りにリスクを負わせる連帯保証人がなくても入居でき金銭的に審査以上に余裕があれば問題ないはずです。

原状回復負担区分も明確に分けられているので故意による回復費用についても、トラブルなくぼったくられるということもなく退去の際も安心です。

 

(子育て割、そのママ割、U35割、近居割のお得な割引)

例えば、子育て割であれば結婚5年以内の新婚世帯、もしくは、18歳未満の子どもがいる世帯で、所得合計が月25.9万円以下の世帯が対象で最大9年間、上限2万5000円で家賃の20%をサポートしてくれます。

また、そのママ割では3年間限定で妊娠中を含め、現に同居する満18歳未満の子ども(孫、甥、姪なども可)を扶養している世帯を対象に、通常より抑えた家賃で提供してくれます。

さらに、U35割であれば契約者が35歳以下あるいは条件を満たせば学生・単身・夫婦・子育て世帯でも対象になり、3年間の定期借家契約となり、更新条件はそのママ割と同じです。

 

単身世帯より家族向けの住宅が多い

広くて家族向け

とにかくゆったりとした敷地と部屋となっており、団地タイプでも昭和生まれと平成生まれそれぞれに合わせたタイプがあり、タワーマンションを好む方はタワーマンションタイプもおすすめです。

年代に合わせたり、家族連れでも気兼ねなく居住できます。

具体的には隣の建物との距離もゆったりしており、カーテンを開けっ放しでも視線を感じにいです。

また、日差しの差し込みも多い場合もあり、風通りも良く、まったりしたり、お昼寝も心地が良いです。

敷地内には公園や緑があり、ママや子どもたちにも評判が良いです。

さらに、気になる部屋の大きさですが、一般的な2LDKの面積は約55m2~約60m2に対してUR賃貸住宅は平均約65m2と広々としています。

家族が多ければ広いほうが良いですし、家族で住むのもにも適しています。

子供でも歳が離れた子供もいる場合や小さい子供だけであれば狭くてもなんとか過ごせるかもしれませんが、子供も成長すれば狭いところでは暮らせなくなります。

 

生活環境は

(利便性がある)

UR都市機構の前身である旧住宅公社は都市開発で街を全国に作ってきています

それが現在のUR賃貸住宅です

団地の中や隣地に小学校や中学校、ショッピングモールもあるのはそういった理由からです

UR賃貸住宅の約半分の物件は駅から徒歩10分以内の好立地になっています。

駅から近いながらまったりと暮らせて、中には駅と直結している物件もあります。

また、都心近郊に昔から開発してきたUR賃貸住宅は長く20代などの若い世代から支持され、駅だけでなく保育園や小学校などの教育施設やスーパーなどの商業施設も近いため暮らしていく上で便利です。

 

安心して暮らせる

UR賃貸住宅にはクリーンメイトと呼ばれる清掃員が週に6日、建物内・敷地内の清掃をし、かつ敷地内にいる人には積極的に声をかけるため防犯面でも効果的です。

1日の作業内容としてはラジオ体操から、午前中とお昼休憩をまたいで建物内の清掃、そして夕方近くからは敷地内の清掃を1時間ほどするという朝から夕方まで作業してくれるため、1日の大半敷地内にいます。

また、防犯性もありますが、週に6日も清掃してくれるため常に綺麗で、その面でも滑ったり、ものに引っかかったりなどの心配もなく安心して快適に暮らすことができます。

 

まとめ

UR賃貸住宅の代理店が書く評判ですので少し偏っているかもしれませんが、UR賃貸住宅だから絶対に気を付けたほうがいいということは特にありません

あえていうと、全身が住宅公社になりますので、お役所的なシステムで書類の不備や融通などが利かないということです

必要年収も1円でも足りなければ入居することもできません

提出書類も足りなければもちろん入居することはできません

すべてきっちりされているようです