---------------

賃貸の床の傷・へこみ・ひび割れの請求は?

賃貸の床の傷・へこみ・ひび割れの請求は?

賃貸で修繕費が一番高くつくのが、フローリング・フロアタイルなどの修繕費用になります

床の傷・へこみ・ひび割れなど入居者の責任の場合は修繕費用が退去時に請求されます

  • フローリングの張替えであれば6帖で10万円~15万円
  • フロアタイルの張替えであれば6帖で5万円~6万円
  • カーペットの張替えなら6帖で3万円~5万円
  • クッションフロアの張替えなら3万円~5万円

費用も高くなる可能性が高くなります

ついてしまった賃貸の床の傷はどのように対処すればいいのでしょうか?

 

賃貸の床の傷・へこみ・ひび割れの対処法

賃貸の床の傷・へこみ・ひび割れの対処法

小さい傷もしくは大きな傷の違い

入居時からあったものであれば当然請求されるものではありません

小さな傷の場合は通常損耗ということで請求されることはありませんが、大きな傷の場合は通常の使用を超えるものだということで床を張り替える費用が請求されることがあります

1㎡あたり8,000円のフリーリングの張替えの場合は30㎡の張替えの場合24万円も請求される可能性があります

 

故意過失などは入居者負担

観葉植物の後のシミやひび割れなどや重いものを落とした跡などは入居者の負担になってしまいます

賃貸の契約書にもよく出てくる故意過失は入居者負担としてよく書かれています

故意はわざと壊したり、傷めてしまったもに対してのことです

過失は入居者の落ち度で痛めてしまったことになります

 

自分で補修するのは?

基本的には自分でリフォームすることは禁止されていることが多いです

  • ホームセンターで修復道具を購入する
  • 自分でリフォーム会社に直してもらう

などの方法もありますが、ご自身でするにはあまり大きな工事をしてしまうとトラブルになることもあり、更にリフォームのレベルによっても大きなトラブルになることもあります

クリーニング程度にしているほうがいいかもしれません

 

建具には経年劣化がある

壁紙やクッションフロアなどの場合は経年劣化といって6年間で価値はゼロ円になります

前の入居者が3年住んだ後に3年住んだ場合、6年間でフローリングやクッションフロアは役割を終えたということで価値はなくなります

国土交通省の原状回復のガイドラインを基準に考えた場合は請求はされないということになります

フローリングの場合は経年劣化がなく、建物の一部として考えます(木造なら22年・鉄筋コンクリートなら47年間)価値が続くということになります

床がクッションフロアかフローリングかによって経年劣化によって請求額も大きく違うということになります

 

修繕費用を請求された時

修繕費用を請求された時

単価を確認する

ほとんどの賃貸の場合は汎用品といって一番安い製品を利用していることが多いです

単価が異常に高い場合は汎用品ではなく限定品の単価で計算されていることがあります

退去してから見に来ることがありませんので、汎用品で直してしまう業者もよくいます

フローリングの種類 6帖あたりのお値段
戸建フローリング 60,000円
遮音性フローリング 110,000円
厚み1.2cmのフローリング 100,000円
耐傷性フローリング 100,000円

賃貸の場合は特に一番安いものを利用していることが多いです

フローリングの写真を撮って専門家に確認してもいいかもしれません

 

自分でも見積もりを取る

どうしても金額的非常に高い場合は知り合いの業者などで見積もりを見てもらったり、現地を見てもらい査定してもらうのもおすすめです

経験上、退去時の査定の単価は立場的に弱い入居者に高めの請求を行う業者さんが多いように見受けられます

請求額についてはそのまま信じるのではなく、高いか安いかということも考えてみましょう

 

全面張替えの必要性がある?

一番問題になるのは張替えする面積です

家主・管理会社・不動産会社は全面張替えを主張することがあります

貸す側からいえば、全面張替えをした床は見栄えがよくて人気のある物件になります

新品にして返す必要は全くありません

全面張替えが必要なぐらいに全面的に傷んでいるのか?

という問題になります

本当に全面張替えが必要なケースは非常に稀で、ペット飼育を黙ってしてフローリング全面を傷だらけにしてしまったとか、水などをこぼしたままでフローリングが腐っている状態などになります

一部だけ変えたら色が合わせることができないとか言われるケースもあるかもしれません

 

まとめ

入居者の責任で床に傷をつけてしまった場合、高額請求される可能性が高くなります

フローリングなどは経年劣化がないために負担額が大きくなります

フロアマットやフロアタイル・カーペットなどは経年劣化するために、ある一定の時期を超えると価値が無くなると考えます

大きな工事を自分でするということになると、トラブルが大きくなる可能性がありますので、そこは正直に管理会社・オーナーさんに伝えたほうがいいです

場合によっては全面張替えなどを言ってこられる可能性もありますが、本当に全面張替えが必要なのか?単価はどうなのか?など確認してから交渉する必要があります

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません