---------------

建替え・リフォームで仮住まいのための探し方

仮住まい用の賃貸住宅の探し方

住宅の建て替え・リフォームの間だけ賃貸を探されている方によくあることが、『仮住まいが見つからない!』と苦労される方が非常に多いです

理由は一般的な賃貸住宅は2か月~3か月程度の短期間の賃貸は断られることが多いです
  • 退去した部屋のリフォーム代金がかかる
  • 募集時期が悪くなる
  • 契約時に家主にも費用がかかる

 

など短期で貸してしまうと賃貸経営的には赤字になるからです

短期で借りることができても別途費用(違約金)を請求されることもあります

 

その点UR賃貸住宅の場合は2週間前に退去通告をすれば、いつでも退去することができます

特に入居期間の規定は特にありません

どうしても仮住まい探しに疲れたら、UR賃貸をご検討してみるのもいいかもしれません

 

契約家賃の100%キャッシュバック

 

仮住まいの探し方

仮住まいとはできる住まいは

リフォームや家の建替えのために3カ月間~6カ月間の一時的な住まいになります

短期入居 費用 スペース 違約金なし
ウィークリーマンション 普通
ホテル・ビジネスホテル 割高
民間賃貸住宅 ▲もしくは✖ 普通
UR賃貸住宅 安い

仮住まいなら費用・効率などでUR賃貸住宅が特におすすめです

ウィークリーマンション・マンスリーマンション

ウィークリーマンション・マンスリーマンション

ウィクリー・マンスリーマンションは1週間単位・1月単位で入居することができる賃貸住宅になります。(サービスによっては1日単位もOKです)

◆ 費用

(通常かかる費用)

  • 利用料金は1日あたりの費用×日数(5,000円~
  • 退去時の清掃費(10,000円~
  • 契約手数料
  • 管理費

(オプション費用)

  • 清掃費
  • リネン交換費

 

◆メリット

家具付で生活用品がすべて利用できる状態ですので、荷物の引っ越しが必要ありません

ホテルのように宿泊者以外は部屋に入ってもらうことができないということはありませんので、あまりストレスもなく生活できます

エアコンも基本的にはついている

◆デメリット

単身者向けのものが多くお部屋の広さが16㎡~のものが多い

家族で住むにはまず無可能です

 

◆入居手続き

運営会社によっても違いますが、

  • 入居申込書
  • 契約書(定期借家契約書)
  • 本人確認書類
  • 住民票
  • 収入証明

賃貸を借りるのとあまり変わらない書類が必要になるようです

1か月かかる費用は160,000円~

 

ホテル・ビジネスホテル

ホテル・ビジネスホテル

仮住まいの間は少し贅沢したいという方にはおすすめです

最近では1ヵ月プランなどお得な宿泊プランもでているので意外とお安く仮住まい費用をかんがえることもできるのではないでしょうか?

◆メリット

ストレスを感じる仮住まい生活を豊かにするということも可能です

前から泊まりたかったホテルを泊まり歩くというのもいいかもしれませんね

空調管理されていて、快適な空間で生活できる

◆デメリット

ほとんどの場合、キッチンが利用できません

そのため、外食もしくはフードサービスなどを利用しなければいけません

やはり、長期間になればなるほど費用は高額になります

◆費用
1か月かかる費用は160,000円~

 

民間賃貸

  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 家賃保証会社加入料
  • 鍵交換費用

など、その他にも費用がかかる場合が多くあります

又、短期違約金というものもあり、1年未満の場合は違約金がとられる場合もあります

民間賃貸の場合はファミリー向けの住宅の場合30万円~50万円は費用が高くなります

短期だから安いというわけではなく、短期だから高くなります

◆メリット

自宅から近い部屋を借りることができる

広めの住宅であれば、倉庫を借りる必要がなく、家財道具を収納することができます

◆デメリット

短期契約できる物件が少ない

仲介手数料・礼金・鍵交換費用・家賃保証会社加入・火災保険加入など初期費用が多くかかる

◆費用
1か月かかる費用は360,000円~

UR賃貸住宅

UR賃貸の入居審査

礼金ナシ・仲介手数料ナシ・更新料ナシの有名なUR賃貸住宅は短期賃貸借契約におすすめです

UR賃貸は入居してから退去手続きをすると最短2週間で退去することができます

仮住まいが2週間以上であれば利用することができます

◆メリット

短期違約金がない

初期費用の敷金は入居中綺麗に住めば返金される可能性もある

広いタイプの住宅が多い

最短2週間で借りることもできる

 

◆デメリット

近くにUR賃貸住宅がないこともある

ペット飼育できる住戸が少ない

 

◆費用
1ヵ月の費用(初期費用込)300,000円~

2ヵ月の費用(初期費用込)400,000円~

関連記事:仮住まいはUR賃貸住宅がお勧めできるつ6の理由

 

仮住まいにUR賃貸がおすすめできる訳

おすすめのポイント
  • UR賃貸は全国にあるということで、物件が比較的に探しやすい
  • 最短で2週間の契約も可能
  • 礼金・仲介手数料が不要
  • 広い住宅が多い・荷物も入れることができる
  • 共用廊下が広いので2回の引っ越しもスムーズ

退去は入居してから退去の2週間前に退去の手続きを行います

短期の違約金などは特になく、退去希望日の2週間前に手続きを行うだけです

関連記事:UR賃貸住宅の退去の手続きと注意したこと

 

◆当サイトの利用

当サイトではUR賃貸住宅の斡旋を行っています

当サイトをご利用いただきUR賃貸住宅を仮申込していただきご入居いただきますと、お祝い金として家賃の1か月分を入居してから1ヶ月~2か月後にご指定口座にご入金させていただきます

関連記事:お祝い金家賃100%のキャッシュバックがあ~る

 

 

 

まとめ

民間賃貸マンションで仮住まいを探すとなかなか家主様、管理会社様から短期契約の了解がもらえないことが一般的です

最近では民間賃貸の多くが1年未満の短期入居の場合は違約金を取られてしまうことも多いです

UR賃貸では短期入居の違約金は設定されていません

 

UR賃貸のメリットは

  • 費用が安い(仲介手数料・礼金不要)
  • 最短で2週間も可能
  • 入居も退去も日割計算
  • ファミリー向けの物が多い

など費用を抑えられるメリットもあります

 

UR賃貸のデメリットは

  • ペット飼育できるものが少ない
  • 近くに物件がない

 

UR賃貸のメリットデメリットを考えらがら、仮住まいを考えられている方ご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

契約家賃の100%キャッシュバック

 


[/cta_in]