---------------

一人暮らしの女性に団地がおすすめの訳・安全?・暮らしは?

一人暮らしの女性に団地がおすすめの訳・安全?・暮らしは?

女性が一人暮らしをする上で、防犯対策は一番気をつけたいところですよね。

そこで気になるのが、女性が一人暮らしをするなら、普通のアパートと団地なら、どちらが安全なのかという事です。

今回は、団地の安全性や良くないところ、おすすめの訳などに焦点を当てて解説していきたいと思います。

これから、一人暮らしを検討している女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

団地は安全?

それでは早速、団地は一人暮らしの女性にとって安全なのかについて解説していきましょう。

まず最初に、団地の安全性を解説する前に、空き巣などに狙われやすい住宅を挙げてみます。

 

・人目に付きにくく人通りが少ない場所

・植木などが家の周りに多く死角がある

・低層階の住宅

・屋上への出入りが簡単な住宅

・近所付き合いが希薄

・街灯が少ない

・ゴミ出しのマナーが悪い

・建物に落書きが目立つ

 

上記で上げたような場所は、空き巣などに狙われやすいと言われています。

このような部分を見てみると、団地は一人暮らしの女性にとって安全だと言えます。

なぜなら団地は、長く暮らしている住人が多く、近所付き合いや自治会の活動が盛んな場合がほとんどだからです。

住人同士が顔見知りという事が多いので、何か不審な人物がいた場合に、すぐに情報交換が出来るのです。

一人暮らしの女性にとって、いつでも人の目があるというのは、とても安心して生活できるメリットとなりますよね。

 

団地で一人暮らしの良くないところ

では、メリットばかりに感じる団地での一人暮らしですが、実は良くないところもあります。

ここでは、団地での一人暮らしの良くないところをご紹介していきましょう。

 

 立地条件

まず1つ目は、立地条件です。

団地の特徴として、一つの建物自体が大きく作られており、何棟も集まった状態で建てられている事が多いです。

そのため、団地を建てるには広い土地が必要となるので、駅から離れた場所や、車やバスがないと移動が不便という場所にある可能性が高いのです。

一人暮らしをする上で、駅から遠いというのはデメリットになるかもしれませんね。

 

 子供の泣き声などが気になる

2つ目は、子供の泣き声などが気になるという事です。

団地は、家族で住んでいる人が多いのも特徴で、子供がいる家庭も多いのです。

そのため、上階や近隣の家に子供がいると、足音や泣き声が気になる事があるかもしれません。

また、団地では築年数が古い物件も多い事から、壁や床の防音性も低いことが多いです。

生活音の響き方などは、人によっては気になるポイントかもしれませんね。

 

 設備関係

3つ目は、設備関係です。

築年数が古い団地の場合は、エアコンが設置されていなかったり、エレベーターが無いことが多いです。

そのため、3階以上の部屋に住む場合は、設備関係を確認しておかないと、引っ越し作業などの際にとても大変です。

 

 セキュリティ面

そして4つ目は、セキュリティ面です。

先ほど、住人同士の付き合いが密な為、防犯上安心だとご紹介しましたが、団地自体のセキュリティ面に関しては不十分な物件が多いでしょう。

マンションのように、オートロック機能や防犯カメラが付いていない事が多いという点は、デメリットとして挙げられる点です。

 

ゆとりのある広さは大人の女性におすすめ

団地は、一人暮らしには、かなりゆとりのある広さで作られている家が多いと言われています。

食事をゆっくり楽しめるスペースや、のんびりとくつろげるスペース、一日の疲れを取るための広々として寝室など、それぞれが独立した部屋になっている事が多いのも、団地の特徴です。

家族で住んでいる人が多いということもあり、押入れや玄関の納戸など収納も十分あります。

一人で住むには十分すぎる広さがあるので、大人の女性には特におすすめと言えるでしょう。

 

まとめ

さて今回は、一人暮らしの女性に団地がおすすめの訳や、安全性や快適な暮らしについて詳しく解説してきました。

アパートやマンションとは違い、団地では住人同士の付き合いが濃い事もあり、一人暮らしの女性にとっては安全な住まいと言えます。

しかし一方で、最新のオートロック機能や防犯カメラなどに関しては、少し不十分な点も目立ちます。

メリット・デメリットはあるにしろ、総合的に考えて一人暮らしの女性には、団地は安全でおすすめと言えるでしょう。

 


[/cta_in]