木造アパートは話し声が聞こえる?防音対策などをご紹介します!

木造アパートは話し声が聞こえる?防音対策などをご紹介します!

賃貸に入居していると、周囲の部屋にどのくらい話し声が聞こえているのか気になりますよね?

特に、木造アパートの場合は、話し声が聞こえやすいという口コミも耳にします。

実際、木造アパートの賃貸も多くあるので、自分が入居する時に心配ですよね。

そこで今回は、木造アパートは話し声が聞こえるのか、また防音対策に関しても解説していきたいと思います。

これから、木造アパートに入居しようと思っている人や、現時点で木造アパートに入居しているという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね

UR賃貸Zなら100%キャッシュバックがあ~る

 

 

木造アパートは話し声が聞こえる?

それではまず、木造アパートは話し声が聞こえるのかという点から解説していきましょう。

結論から言うと、他の賃貸に比べると木造アパートは話し声が聞こえやすいと言えます。

木造アパートの最大のメリットは家賃の安さですが、その分防音性が低いというデメリットがあるからです。

木造は、もともとの素材が通気性が良いという特性があります。

通気性が良いという事は、空気だけでなく音も通してしまうという特徴があり、話し声などが聞こえやすくなっているのです。

そのため、話し声だけでなく、テレビの音などの生活音もかなり聞こえやすいと考えて良いでしょう。

 

自分で出来る木造アパートの防音対策とは?

では次に、自分で出来る防音対策をご紹介していきましょう。

防音対策はしたいけれど、あまりお金はかけたくないという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

家具の配置を変える

まず1つ目は、家具の配置を変えるという方法です。

お部屋の中の家具の配置を変えるだけでも、だいぶ防音対策になります。

例えば、話し声が気になる場合は、壁側にタンスや本棚など音を遮断してくれるようなものを置くと効果的です。

また、引き出しなどに洋服が入っていた方が、さらに防音効果を高める事が出来ます。

そして、話し声自体を聞こえなくしたい場合は、テレビなど音の出る家電を壁側に置くという方法もアリですね。

しかし、この方法は騒音問題にならないように、テレビの音量に気をつける必要があるので覚えておきましょう。

 

敷物をする

2つ目は、敷物をするという方法です。

音は、壁だけでなく床からも伝わります。

そのため、少し厚めのカーペットなどを1枚敷くだけで防音効果が期待できます。

また、音の出るテレビや冷蔵庫などの下にも敷く事で、振動による音漏れを防ぐ事も出来ます。

 

 防音フィルムを貼る

そして3つ目は、防音フィルムを貼るという方法です。

ドアのすき間や窓ガラスからも、話し声が聞こえてしまう事があります。

このような防音対策には、防音フィルムがおすすめです。

女性でも簡単に設置することが出来ますし、プチプチなどで代用すればさらに安く対策する事が出来ますよ。

 

リフォームで出来る防音対策

では最後に、より本格的に防音対策をしたいという人のために、リフォームで出来る木造アパートの防音対策をご紹介していきたいと思います。

ただし、木造アパートなどの賃貸に関しては、リフォームが行える物件かどうかを大家さんに確認してから行う必要があります。

確認をしないままリフォームをしてしまうと、トラブルの原因になりますので必ず事前に確認するようにしましょう。

 

床の防音リフォーム

まず1つ目は、床の防音リフォームをするという方法です。

床の防音リフォームに関しては、「タイルカーペット」「コルクカーペット」などがおすすめです。

ホームセンターなどでの取り扱いもありますが、専門店で相談して選んだ方がより防音効果を高める事が出来ます。

安いものですと、どうしても防音対策としては甘くなりやすいので、話し声などが気になる場合は専門的な防音アイテムを使用すると良いでしょう。

カーペットの中には、振動対策に強いものと、吸音効果に優れているものなど種類があります。

そのため、選ぶ際は吸音効果が高い素材を選ぶようにすると、さらに安心ですね。

 

壁の防音リフォーム

2つ目は、壁の防音リフォームをするという方法です。

壁自体を防音リフォームする場合は、防湿遮音シートや遮音下地パネルなどを使用した方法で行います。

また、壁に設置されている換気口などの開口部の防音対策としては、特に防音効果に優れている換気口を設置し直すという方法もあります。

話し声は、壁からももちろんですが、窓や換気口などの開口部からも伝わるので、リフォームの際は専門店に相談するようにしましょう。

 

窓の防音リフォーム

そして3つ目は、窓のリフォームをするという方法です。

窓に関しては、ガラスを交換するだけではなかなか防音対策としては、物足りない部分があります。

そのため、専門的にリフォームを行う場合は、窓の交換と内窓の増設で防音対策をします。

特に、内窓を増設して二重窓にする事で、より確実に防音対策を行う事が出来ます。

 

まとめ

さて今回は、木造アパートは話し声が聞こえるのか、また防音対策について詳しく解説してみました。

賃貸での防音対策は、トラブルを防ぐためにも重要な事ですよね。

木造アパートは、特に音が伝わりやすいという特徴があるので、音漏れなどに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません