ビレッジハウスの違約金について詳しく解説します!

ビレッジハウスの違約金について詳しく解説します!

多くの賃貸物件では、退去時の注意点として違約金というものがあります。

それは、ビレッジハウスも例外ではありません。

特に、入居時の初期費用が安い事で有名なビレッジハウスでは、退去時の違約金について知っておく必要があります。

そこで今回は、ビレッジハウスの違約金について詳しく解説していきたいと思います。

現在、ビレッジハウスに入居している人や、これから入居したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ビレッジハウスの違約金について

それでは早速、ビレッジハウスの違約金について解説していきましょう。

ビレッジハウスには、短期解約違約金という制度があります。

そもそもビレッジハウスでは、「敷金・礼金なし」や「3万円キャンペーン」などによって、初期費用が一般的な賃貸物件に比べると格安となっています。

そのため、その安い初期費用の分を短期間で解約(退去)した場合のペナルティとして設定しているのです。

また、初期費用が安い分、ビレッジハウスの短期解約違約金は一般的な相場よりも高い金額に設定されているという事も覚えておかなければなりません。

 

違約金が発生するのはどのようなケース?

では次に、ビレッジハウスの違約金が発生するのは、どのようなケースなのかをご紹介していきましょう。

ビレッジハウスの違約金は、賃貸借契約を締結して入居してから2年以内の退去で発生する事になっています。

ビレッジハウスに入居してから1年未満の解約の場合は、賃料の3ヶ月分の違約金が発生します。

そして、ビレッジハウスに入居してから2年未満の解約の場合は、賃料の2ヶ月分の違約金が発生します。

通常、多くの不動産会社が設定している違約金は、1年未満の解約の場合で賃料の1ヶ月分が相場となっていますので、ビレッジハウスの違約金は相場よりもかなり高いと言えるでしょう。

 

違約金はどこの賃貸物件でも発生する

さて、ビレッジハウスの違約金について解説しましたが、違約金はビレッジハウスに限らず多くの賃貸物件では契約期間内での解約の場合は違約金が発生するように設定されています。

しかし、違約金の金額については、それぞれの不動産会社によって異なるケースがあるので、ビレッジハウスに入居を検討している人は違約金について納得してから入居するようにした方が良さそうですね。

 

なぜビレッジハウスの違約金は高いの?

それでは最後に、なぜビレッジハウスの違約金は高いのかという部分を解説していきたいと思います。

冒頭でも軽く触れましたが、ビレッジハウスの最大の特徴は入居時の初期費用の安さです。

多くの賃貸物件では、敷金・礼金や仲介手数料が必要なのに対し、ビレッジハウスではそれらの初期費用が必要ありません。

その上、「フリーレント1ヵ月分」や「3万円キャッシュバック」などのキャンペーンも実施されると、かなり入居者にとってメリットの多い設定になっていますよね。

しかし、このようなサービスをしていて、なおかつ短期間に入居者の入れ替えが激しくなってしまうと、キャンペーン分の費用が回収できないという事態に陥ってしまいます。

そのためビレッジハウスでは、初期費用を一般的な相場よりもかなり安くする代わりに、短期間での解約に関しては相場よりも高めの違約金を設けているという事なのです。

 

まとめ

さて今回は、ビレッジハウスの違約金について詳しく解説してみました。

ビレッジハウスは、初期費用が安い事で人気がありますが、短期間で解約した場合は一般的な賃貸物件よりも高い違約金を支払う必要があるという事が分かりましたね。

しかし、短期間での解約をしなければ、他の賃貸物件に比べて安い費用で入居する事が出来るので、違約金に関してだけ注意すれば特に問題はないでしょう。

現在ビレッジハウスに入居している人や、これからビレッジハウスに入居する予定の人は、違約金について頭に入れておくようにしましょう。