---------------

昭和築のUR賃貸住宅の団地に入居する時に注意したい『騒音問題』

昭和築のUR賃貸住宅の団地に入居する時に注意したい『騒音問題』

UR賃貸住宅の中でも昭和築のいわゆる団地と平成の分譲マンションの建物とは騒音問題は大きく違います

建築基準法が毎年厳しくなるので新しい建物程ハイスペックな住宅になりやすいということがあります

壁厚・断熱性などが違うので近隣との騒音は全然違うようです

こちらの記事は今後団地の入居を考えている方が、騒音問題に巻き込まれないように書いた記事になります

 

団地の生活音

昭和建築の団地の生活音は響き安いということは間違いありません

UR賃貸に限らず、集合住宅の生活は生活音がつきものになります

団地で生活する場合は近隣に少なからず気を付けたほうがいいです

引越しの挨拶の時にどんな方が住んでいるのか確認

引越しの挨拶は上下左右に挨拶することが多いです

一番迷惑をかける可能性があるのは下の階の住人さんです

挨拶する時にどんな人が住んでいるのかを確認しましょう

高齢の方の場合は夜遅くに何か作業をするのは止めておいた方がいいかもしれません

 

ご挨拶で人間関係を少しでも作ることができれば、いいご近所づきあいができる可能性が高いです

 

子育て世代は1階がおすすめ

団地の場合は壁が薄いために子供がいらしゃる世帯は1階部分がおすすめです

1階だから安心というわけではなく、上層階よりは音が響きにくいということがおすすめの理由です

団地の床・壁は薄いので通常の足音なども響きやすいということがあります

 

楽器は極力控える

団地内での楽器もトラブルの原因になっている場合があります

楽器を検討されている場合は検討されている団地の管理事務所で相談をすることをおすすめします

 

まとめ

近所で騒音トラブルを起こしてしまうと後々大変です

できるだけ、引越し前にご挨拶をすることで人間の気持ちはおだやかになるものです

昭和建築の団地は壁が薄いということで騒音や話し声なども響くことを予定してご入居することをおすすめします

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません