---------------

UR賃貸のゴミ出しのルールとは?

UR賃貸のゴミ出しのルールとは?

 

賃貸住宅に住んでいると、その地域ごとにゴミ出しのルールが決まっていますよね。

UR賃貸も、他の賃貸住宅と同様、ゴミ出しに関してルールが決まっています。

そこで今回は、UR賃貸のゴミ出しに関して詳しく解説していきたいと思います。

ゴミの出し方や分別方法など、これからUR賃貸に入居を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

UR賃貸は指定のゴミ置き場があるから楽々?

それでは早速、UR賃貸のゴミ置き場についてから解説していきましょう。

他の賃貸住宅でも多いですが、UR賃貸では専用の指定のゴミ置き場があります。

UR賃貸に入居している人は、他の自治体が管理しているゴミ置き場ではなく、UR賃貸の指定のゴミ置き場にゴミを捨てる形になっています。

UR賃貸のゴミ置き場は、団地内に設置されているので、距離も近くゴミを捨てる時にとても楽だと言われています。

 

 

UR賃貸のゴミ出しは分別しないといけないの?

それでは次に、UR賃貸のゴミ出しでは分別しないといけないのかについて解説していきましょう。

結論から言うと、UR賃貸のゴミ出しでもゴミの分別は必須です。

特にUR賃貸では、分別されたゴミごとに出す場所や方法などが細かく分かれている場合があるので確認が必要です。

 

 燃えるゴミ

UR賃貸では、各棟の敷地内に金属製のゴミ箱が設置されている所があり、そこは燃えるゴミのみ入れる事が出来るというような決まりになっている事も多いです。

そのようなゴミ箱が設置されている場合は、そこに入れるようにしましょう。

燃えるごみは、悪臭の原因になるので当日の朝にゴミ置き場に持っていくようにします。

 

 ペットボトル

ペットボトルは、ペットボトル専用の金属ケースが設置されていて、1本1本円形の口から入れるような形になっています。

ペットボトルのラベルは事前に剝がした状態で、ゴミ置き場に持って行きましょう。

 

空き缶・ビン

空き缶や空き瓶は、リサイクル可能なものは、別途色別のカゴが出ているので、そこに分別して出すようにします。

 

段ボール

段ボールは、ある程度まとまった量を束ねてゴミ置き場に持っていきます。

 

 

UR賃貸ではゴミ当番は回ってくるの?

それでは最後に、UR賃貸ではゴミ当番は回ってくるのかを解説していきたいと思います。

UR賃貸の「賃貸借契約書」では、共益費(管理費)の中に共有部分のゴミの管理は、UR側が行う事という記載があるので、ゴミ当番が回ってくる事はありません。

中には自治体との関係上、なぜかゴミ当番が回ってくるという相談を目にする事もありますが、基本的にはUR賃貸の入居者には、ゴミ当番の義務はありません。

万が一、UR賃貸に入居した後にゴミ当番が回ってくる事があったら、賃貸借契約書をしっかり確認してみる事をおすすめします。

 

 

まとめ

さて今回は、UR賃貸のゴミ出しについて詳しく解説してみました。

賃貸住宅に入居していると、意外とトラブルの元になりやすいのがゴミ出しに関しての問題です。

UR賃貸では、あらかじめ入居者専用の指定のゴミ置き場が設置されているので、その団地の取り決めに従えば問題ありません。

ゴミ置き場には、それぞれの分別方法や出し方なども書いてあることが多いので、従うようにしましょう。