自営業者・フリーランスのUR賃貸審査方法?

自営業者・フリーランスのUR賃貸の審査方法・提出方法は?

賃貸を借りる時は自営業者さんやフリーランスの方は部屋を借りにくいこともあります

賃貸を借りるには昨年度の公的な収入証明を出す必要があるためです

UR賃貸住宅は昨年度の所得審査以外にも審査方法を選ぶことができます

自営業者さん、フリーランスの方に人気のあるUR賃貸住宅の審査方法について詳しく解説します

家賃1か月分のキャッシュバック

 

自営業者・フリーランスの審査方法は3つの中から選択

基準月収額による審査

家賃に合わせて基準月収額が設定されています

税込み年収を12か月で割った平均の月収が基準月収額以上必要になります

自営業者やフリーランスの場合は必要経費を差し引いた課税所得が対象です

よく間違えられるのが売上を収入として計算される方がいます

 

基準月額は世帯・家賃によって変わります

(世帯で入居する場合)

家賃額 基準月収額
82,500未満 家賃の4倍
82,500円以上20万円未満 33万円以上
20万円以上 40万円以上

(単身者で入居する場合)

家賃額 基準月収額
62,500円未満 家賃額の4倍
62,500円以上 20万円未満 25万円以上
20万円以上 40万円以上

 

単身の場合の方が必要な収入も少なくて済みます

UR賃貸住宅独自の審査方法になります

 

基準月収額の必要書類は

自絵業者・フリーランスの必要書類は確定申告をしているということが前提です

対象になる収入は昨年度、1年間の収入になります

必要書類は税務署で取得することができる納税証明その1になります

納税証明は最寄りの税務署で取得することができます

  • 住民票
  • 身分証明書
  • 認印

で審査されます

納税証明その1
国税庁ホームページ

収入証明を出さなくていい審査方法もある‼

一時払い制度による審査

一時払いは家賃1年分の前払いになります

家賃前払いすることで、所得や仕事内容は一切記載しなくても済みます

自営業者、フリーランスの方が非常によく利用する制度です

関連記事:UR賃貸の一時払い制度を徹底解説

 

一時払い制度の必要書類は

一時払い制度で審査を受ける場合は提出書類が特に少なくて済みます

また、一度UR賃貸で住むと家賃が下がる住戸への引越しであれば、家賃1年分前払いしなくても審査は通ります

関連記事:UR賃貸の住み替え制度とは?お得な住み替え方法もご紹介!
  • 住民票
  • 身分証明証

 

貯蓄基準制度による審査

残高証明書
横浜銀行の残高証明書

貯蓄基準制度は収入による審査はなく、預金残高のみの審査になります

家賃の100倍の残高があればOKです

 

貯蓄基準制度の必要書類

貯蓄基準制度の必要書類も比較的少なくて済みます

注意したいことが、金融機関から発行してもらう残高証明書は発行日から1週間以内のものです

また、当日に発行してくれる金融機関もありますが、1週間前に申請を要する金融機関もあります

  • 住民票
  • 身分証明証
  • 残高証明書(1週間以内)
関連記事:貯蓄基準制度でUR賃貸入居するのに必要な預金額は?

 

まとめ

賃貸を借りる時にまず収入確認が一般的にはありますが、UR賃貸住宅の場合は所得以外にも前払いや貯蓄で審査を受けることができます

申告額が少ない場合などは是非ご検討してみてください

UR賃貸は昭和~令和にかけて全国で建築されています

昭和期のものはいわゆる団地でエレベーターがあるものも少ないですが、平成~令和にかけて建築されたマンションは分譲マンションなみの建物です

いいものを安心して借りることができるUR賃貸はおすすめです

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません