---------------

UR賃貸仮申込後のキャンセルの方法は?契約後でもキャンセル料はいくらかかる?

UR賃貸の仮申込・本申込・契約・入居いつまでにキャンセルすることができるの?

UR賃貸は見学前にお部屋を抑えることができる仮申込でキャンセルできます(費用はかかりません)

本申込した後もキャンセルすることができます(費用はかかりません)

よく問題になるのは契約後のキャンセルです

まだ、鍵をいただいていない場合の契約後のキャンセルは民間賃貸であれば、入居後の退去を同じ費用がかかります(礼金・仲介手数料・鍵交換費用)

UR賃貸の場合は契約後のキャンセルは契約解除ということになります

契約解除の場合キャンセル料がかかるのかを解説します

 

契約家賃の100%キャッシュバック

民間賃貸とUR賃貸のキャンセル

申込キャンセルについて

賃貸のキャンセルはよくトラブルになります

民間賃貸の場合は契約前にお部屋を取り置いてもらうために預り金を支払う風習があります

契約前であってもキャンセルしたら預り金をペナルティー的に没収する業者があり、トラブルになるようです

法律的にいうと宅地建物取引業法で禁止されている行為です

宅建業者(不動産屋)は契約前にお金をいただくことは基本的にはできないルールです

 

UR賃貸はそういった預り金制度はありませんので申込(貸申込・本申込)のキャンセルについてはキャンセル料は一切発生しません

 

契約後のキャンセル(契約解除)

民間賃貸の場合は契約後の解除はかかった費用のほとんどは戻ってきません

  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 鍵交換費用
  • 賃貸保証料
  • 日割家賃

つまり契約解除しようと思うと退去手続きを管理会社と取り決めしないといけないということになります

 

UR賃貸の契約解除は民間賃貸でかかる費用分をいただかないということでキャンセル料がかかりません(鍵の引渡しを受けていない場合)

  • 敷金
  • 日割家賃
  • 日割共益費

敷金については預り金ということになります

日割家賃は鍵の引渡しを受けて発生します

契約段階であれば一切費用がかかっていないということになります

 

UR賃貸住宅のキャンセル時期

仮申込後⇒キャンセル可能

仮申込

現在空いている部屋はUR賃貸公式ページで公開されています

 

UR賃貸のサイトもしくは斡旋不動産会社を通じて仮申込をすることができます

 

キャンセルも費用がかかるということはありませんが、お部屋をキャンセルする場合は必ず連絡をするようにしてくださいね

 

仮申込期間中に本申込が必要です

仮申込期間中に本申込が必要です

内見後⇒キャンセル可能

団地の管理事務所で鍵を借りることができます

 

管理時間内に自由にご見学することができます

 

賃貸物件のキャンセルで申込金が返金されない!?

賃貸物件のキャンセルで申込金が返金されない!?

本申込後⇒キャンセル可能

お部屋が気に入った場合だけ本申込します

 

必要書類・認印などが必要になり、審査が行われます

 

審査を受けてから入居資格を確認してから、キャンセルを希望される場合はキャンセル可能になります

 

ur賃貸住宅の最短で入居することができるのは?

ur賃貸住宅の最短で入居することができるのは?

契約後⇒解約手続き

契約は契約書の確認と署名・捺印を行います

 

そして、

 

保証金(家賃の2か月分)+日割家賃・日割管理費

 

を現金もしくは振込で支払います

 

契約後のキャンセルは非常に珍しいですが、

 

キャンセルではなく解約という手続きになります

 

UR賃貸の場合は解約の場合でも仲介手数料・礼金などの償却される費用がないために実際にかかる費用がありません

 

敷金2か月分  ⇒  部屋の原状回復費用を差し引いたものを返金します

 

契約は行っていますが、入居していないために原状回復費用がかからないために返金されます

 

日割家賃・日割共益費  ⇒  実際に入居日が来ていないために返金されます

 

解約の場合は解約の書類にサインする必要があります

 

そのために電話などで解約することはできません

 

UR賃貸営業センターで手続きを行ってください

 

鍵渡し後⇒2週間後の解約

現地にて鍵を受け取ります

 

当日に解約通知を記入して2週間分の家賃が発生します

 

2週間後に解約することはできます

 

敷金2か月分  ⇒  実際に入居していない場合はお部屋の傷みはありません

 

そのために敷金は返金されます

 

まとめ

UR賃貸の場合は厳密には鍵渡しするまでは解約が可能です(一部対応できないものもあります)

 

どうしても契約後、解約希望の場合は解約理由をしっかりと伝えて手続きをしましょう

 

逆に入居者にとっては安心できるシステムになっています

 

契約前は十分に考えてから契約してくださいね

契約家賃の100%キャッシュバック

 


[/cta_in]