---------------

賃貸での和室のおすすめの使い方!良い点・悪い点って?

賃貸での和室のおすすめの使い方!良い点・悪い点って?

昔ほどではありませんが、現在に至っても賃貸にはよく和室が備わっています。そんな和室を見るなり、「和室って何に使えばいいの?」、「手入れが面倒なんじゃないの?」と感じている人もいるかと思います。

そんな人の疑問を解決するべく、今回は和室の良い点・悪い点をまとめつつ、賃貸での和室のおすすめの使い方を紹介していきます。

 

和室の良い点

和室の良い点①:過ごしやすい

和室は、冬場でも夏場でも比較的過ごしやすい環境下にあります。具体的に言うと、畳には、気温が低いときはある程度保温してくれる効果があり、気温が高いときは断熱してくれる効果があります。

さらに、冬場のフローリングは床が冷たく、カーペットを敷かなければ足元が冷えてしまうこともあるかと思いますが、畳はそのままでも床が冷たくなることはありません。

 

和室の良い点②:床が柔らかい

畳は、フローリングと比べて何も敷かなくても床が柔らかい状態にあります。床が柔らかいと、何かと良い面がたくさんあるのです。

例えば、床が柔らかいとそのまま床に寝転がっても快適に過ごすことができますし、布団を敷いた際も床が柔らかいとフローリングと比べて、体への負担も和らげてくれるのです。

 

和室の良い点③:リラックス効果がある

 畳のイ草には、リラックス効果をもたらす成分が多く入っています。具体的には、「フィトンチッド」や「バニリン」などが挙げられます。そのため、読書や勉強などの何か集中して作業したい場合も、非常に良い効果を期待することができるでしょう。

また、畳は非常に吸音性にも優れていますので、音の反響もしにくくなっています。そのため、フローリングよりも快適に静かな環境であると言えるのです。もちろん、畳の吸音性は足跡や物音の予防にもなります。

 

和室の悪い点

 和室の悪い点①:手入れが面倒

皆さんが一番気になっている点はこの点ではないでしょうか。事実、和室はカビやダニ等の対策を取る必要があるため、何かと手入れに手間がかかってしまいます。

具体的には、イ草がかなり湿気を吸収してしまうので、湿気が高い日、主に梅雨の時期などは、常にカビ対策をしていないとすぐにカビが生えてしまいます。

また、ホコリやゴミ等が畳に溜まっていると、ダニも繁殖しやすくなってしまいます。そのため、常に掃除をしている必要があるのです。

 

和室の悪い点②:匂いや汚れが落ちにくい

畳は、匂いや汚れを簡単に取ることはできません。畳の上でお菓子を食べたり、飲み物を飲んだりしていて、それをこぼしてしまった際にフローリングのように拭き取ることはできません。

カーペットのように洗濯することもできないため、汚れを取るのはまず不可能でしょう。また、畳の上でタバコを吸っていたり、カビが一度でも生えたりしてしまうと、その匂いを取るのもかなり難しくなってしまいます。

また、家具やものを置いた際も跡が残りやすくなっています。もっとも、今はたくさんの畳専用の家具が売っていますが、やはりまだフローリングと比べて利便性には敵わないのも事実なのです。

 

和室のおすすめの使い方

先ほど挙げたメリットを元にして、和室のおすすめの使い方を3つ紹介していきます。

 

子供部屋として使用する

これは、将来子供を産む予定のある人や、子供を持っている人に限ることではありますが、和室は子供部屋として非常に適切な環境下にあります。

例えば赤ちゃんのお世話でも、床が柔らかいと寝かせる時に便利ですし、おもちゃで遊ぶ際も床が冷たくなく、硬い床と比べて傷つきにくくなっています。また、単純に転んでしまった際に怪我も比較的しにくいと言えるでしょう。

 

客間として使用する

和室は、昔からよく客間としてもよく使用されています。もちろん、リビングを客間として使用することもできます。

ですが、リビングは何かと家具も多く、物も散乱しがちです。そういった意味で和室ならば、急な来客の対応をすることも可能なのです。畳は、机と座布団さえあれば客間として成立できるのです。

友達や家族が来た際も、和室があれば床にそのまま寝転がることもできるので、比較的誰でも楽に過ごすことができるでしょう。また、布団があればすぐにでも来客専用の寝室として利用することも可能です。

 

寝室として使用する

もちろん、普段の寝室として使用することも可能です。部屋数が少ない賃貸ですと、寝室のスペースも取りにくく、ベッドを置いてしまうとそれなりに場所をとってしまいます。

その点畳ならば、そのまま布団を敷くことができ、片付けもそれほど手間にはならないため、「昼間は客間として使用し、夜は寝室として使用する」のような活用方法も可能なのです。

 

まとめ

今回は、賃貸における和室の良い点・悪い点をはじめ、和室のおすすめの使い方を紹介しました。賃貸に入居を考えている際、何かと和室の使用用途に困ることもあるかもしれません。

そんな時は、ぜひ今回紹介したものを参考にしてみてください。

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません