---------------

子育て世代に朗報賃貸!家賃最大20%割引がある制度の選び方

子育て世代に朗報賃貸!家賃最大20%割引がある制度の選び方

子育て世代の方は収入と生活費が一杯一杯で貯蓄がなかなかできないという方も多いのではないでしょうか?

子育て世代だから利用できる家賃の割引制度があるのをご存じでしょうか?

通常借りるより3年間家賃を20%安く借りることができるサービスです

 

UR賃貸住宅が提供する『そのママ割』とは

そのママ割とは
  • 18才未満の子育て世代
  • 妊娠されている世代

 

などが利用対象になっていて、家賃の20%が3年間割引されます

ファミリー向けの住宅となれば、子供の教育環境、通勤環境、部屋の広さ、しっかりした建物という

条件で探していくと、初期費用が50万円そして家賃が10万円を超えるものが多いです

 

UR賃貸住宅の特徴として

  • 仲介手数料なし
  • 礼金なし
  • 更新料なし
  • 保証人なし

と初期費用が安くすむことが大きいです

 

民間賃貸で考えると

  • 仲介手数料(家賃半月~1ヶ月分)
  • 礼金(家賃1ヶ月~2ヶ月分)
  • 更新料(2年毎に家賃の1ヶ月)
  • 保証人(保証会社に依頼家賃の半月~1ヶ月分)

家賃以外に家賃の3ヶ月~4ヶ月のお金が別にかかるということになります

 

そのママ割を利用すると3年間で72万円もお得に!

お得

家賃10万円で20%サービスということであれば、

月2万円×36ヶ月(3年)720,000円

も得することになります

UR賃貸住宅の初期費用を抑えて、割引制度を利用することで

3年間で約100万円近くにのぼります

そのお金で新居を購入する諸費用にあてることもできます

 

持ち家は必要?60才以上は民間賃貸が借りにくくなる?

よく聞く質問だと思いますが、不動産屋としての考え方をお伝えします

60才台から民間賃貸の入居制限にかかってきます

家主側方ストップがかかることが良くあります

家主として現役世代の入居者を求めているようです

賃貸で20年~30年住むと家賃だけでも2,000万円~3,000万円を支払う計算になります

人の一生稼ぐお金が1億~2億円といわれているなかで、大きな出費です

空家・空き土地が増えていくことが予想されています

価格下落も合わせて考えることができますので、これから家を持ちやすくなる可能性が高いので、準備をしていくこともいいのではないかと思います

 

URといっても団地ではないの?

URの団地は昭和40年代~平成10年までに経っているものが多いのですが、住宅都市機構が家主になります

部屋の数は世界1です

だから、リフォームにかける費用も民間住宅よりかけています

建物は古くなっていますが、リノベーションやリフォームには大きなお金をかけることができます

だから、部屋のグレードは高いです

また、ほとんどの建物は耐震診断を行っていて、建物の安全性を確認しています

リフォームとリノベーションは明確な区別はないのですが、一般的にはリフォームは汚れたものを綺麗にする工事でリノベーションは別内装に変える大掛かりな工事です

部屋によってはリノベーションされた部屋もあります