---------------

UR賃貸の住み替え制度とは?お得な住み替え方法もご紹介!

UR賃貸の住み替え制度とは?お得な住み替え方法もご紹介!

現代では、働き方やライフスタイルの変化に伴って、ライフスタイルに合わせて引っ越しをする人が増えてきています。

 

しかし、引っ越しは時間がかかるし、費用もそれなりにかかるので、住み替えを躊躇しているという人も多いのではないでしょうか?

 

UR賃貸では、住み替えを検討している人へ向けて、お得な住み替え制度を用意しています。

 

今回は、そんなUR賃貸の詳しい住み替え制度の内容や、お得に住み替えをする方法について、解説していきたいと思います。

 

 

UR賃貸の住み替え制度のメリットとは

 

それでは早速、UR賃貸の住み替え制度には、どのようなメリットがあるのかについてご紹介していきましょう。

 

■敷金引継ぎ制度

 

まず1つ目のメリットは、敷金引継ぎ制度があるという事です。

 

通常、賃貸物件を借りる際は、敷金などの初期費用がかかりますよね。

 

しかし、UR賃貸の住み替え制度では、敷金の引継ぎ制度があるので、お得に住み替える事が出来るのです。

 

現在UR賃貸に住んでいる場合は入居する際に、敷金を納めていますよね?

 

UR賃貸の敷金引継ぎ制度とは、その入居時に納めている敷金を、次もUR賃貸に住み替える場合、修理負担額などを控除した残額を引き継ぐ事が出来るのです。

 

そのため、住み替えの際の初期費用を軽減する事が出来る制度となっています。

 

敷金引継ぎ制度の適用条件は、下記の通りとなります。

 

・UR賃貸住宅からUR賃貸住宅へ転居される、個人のお客様(契約名義人が法人でない)

・転居前と転居後の名義人が同じ場合

・現住戸の家賃等(駐車場利用料金を含む)の滞納がない場合

・訴訟等の法的措置中でない場合

・その他、契約事項に違反がない場合

 

上記の条件を、すべて満たしている場合に、敷金引継ぎ制度が適用されます。

 

 

■収入確認書類の提出不要

 

2つ目のメリットは、収入確認書類の提出が不要という事です。

 

UR賃貸住宅からUR賃貸住宅への住み替えで、現在お支払いの家賃よりも低いまたは、同額の家賃の住宅へ引っ越しされる場合は、所得要件を確認する書類の提出を省略する事が出来ます。

 

UR賃貸の住み替え制度で、収入確認書類の提出が不要となるのは、下記の条件を全て満たしている場合になります。

 

・現在お住まいのUR賃貸住宅で、お支払いの家賃よりも低い又は同額の家賃のUR賃貸住宅に、転居する個人の方(契約名義人が法人でない)

・転居前と転居後の契約名義人が同じ場合

・現住戸の家賃等(駐車場利用料金なども含む)の滞納がない場合

・訴訟等法的措置中でない場合

・その他、契約事項に違反がない方の場合

 

上記の条件を、全て満たしている方で、UR賃貸住宅の住み替えを行う場合は、収入確認書類の提出が不要となります。

 

 

UR賃貸の住み替え審査

 

それでは次に、UR賃貸の住み替えにおける審査に関して解説していきたいと思います。

 

UR賃貸の住み替えを行う場合は、適用条件を満たしているか審査を行います。

 

先ほど解説した通り、UR賃貸の住み替え制度が適用されるためには、様々な契約事項に違反していないか各種条件が用意されていて、この条件を全て満たしている場合は、審査を通過して住み替え制度を利用することが出来ます。

 

 

UR賃貸のお得な住み替え方法

 

それでは最後に、UR賃貸のお得な住み替え方法(関西エリア限定)をご紹介していきたいと思います。

 

UR賃貸を住み替える際は、家賃1ヶ月分100%キャッシュバックを利用すると、とてもお得です。

 

UR賃貸Zでは、UR賃貸をお得に住み替えていただく為に、お祝い金として家賃1ヶ月分100%をご契約者様にキャッシュバックするサービスを行っています。

 

そのため、家賃10万円のUR賃貸住宅の場合は、キャッシュバック10万円という事になります。

 

敷金引継ぎ制度と併せて、UR賃貸Zで家賃1ヶ月分100%キャッシュバックを利用すれば、初期費用をかなり抑えることが出来るので、お得に住み替えをする事が出来ます。

 

 

まとめ

 

さて今回は、UR賃貸の住み替え制度について詳しく解説してきました。

 

引っ越しは、それだけで様々な初期費用がかかりますが、UR賃貸の住み替え制度を利用すれば様々なお得なサービスがあるので、初期費用を大幅に抑えることが出来ます。

 

賃貸住宅の入居時には、ほぼ必要になる敷金も、必要な条件を満たしていれば引継ぎ制度によって支払わなくて済むのです。

 

UR賃貸への住み替えをご検討中の人は、ぜひ今回ご紹介した制度を参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 


[/cta_in]