---------------

貯蓄残高証明証によるUR賃貸入居審査とは?入居できる預金額は?

貯蓄の証明でもUR賃貸の審査ができる!

賃貸を借りるとき、普通は仕事をしていることが条件ですよね

 

UR賃貸の場合はユニークな審査方法があります

 

その一つが貯蓄基準制度になります

契約家賃の100%キャッシュバック

貯蓄の証明でもUR賃貸の審査ができる!

家賃の100倍の貯金があれば、お仕事してなくても審査は通過します

貯蓄の証明でもUR賃貸の審査ができる!

こんな方におすすめ

 

  • 自営業者の方
  • 自由業の方
  • 仕事を休職中の方
  • 年金暮らしの方
  • フリーランスの方

 

通常、所得証明がなかなか出しにくい方などにおすすめです

 

現在は仕事も多様性があり、こういった方法もご利用してみてください

貯蓄基準制度とは

家賃の100倍以上の預貯金

もしくは

本人50倍+同居しなくてもいい親族50倍

 

合計100倍の預貯金残高があれば、審査をクリアすることができます

必要書類とは

◆預金残高証明(発行7日以内、金融機関から発行してもらえます)

◆本人確認書類

◆印鑑

◆住民票(入居者全員)

費用 保証金(家賃2か月)+日割り家賃

貯蓄補給制度(親族との合算)

足りない貯蓄を親族と合算する場合、追加の書類が必要になります

都市機構の証明書には実印を押したもの・印鑑証明書

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

家賃の100倍というとかなり大きな金額になりますが、審査もスムーズで審査にはおすすめの方法です

 

UR賃貸は通常の賃貸に比べていろいろな審査基準を設けております

 

ご自身に合った方法もあるかもしれませんよ

契約家賃の100%キャッシュバック

 


[/cta_in]