---------------

新婚の新居が見つからない!賃貸を探すときのポイントを解説

新婚の新居が見つからない!賃貸を探すときのポイントを解説

新婚生活を新たにスタートしたいものの、なかなか良い賃貸が見つからずどうしたら良い悩んでいる。そんな家庭も多いのではないでしょうか。

間取りはどうするのか、どこに住むのか、マンションなのかなど。考え始めたらキリがないほどの選択肢が存在します。

そんな時、どのような対処をすればいいのでしょうか。

そんな悩みを解決するべく、新婚さんの新居を決める際のポイントについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

新居を探すときのポイント

新居に住むとなると、さまざまな課題が浮かび上がってくるのではないでしょうか。そんな時に少しでも参考になるようにポイントをまとめました。

 

新居を探すときのポイント①:予算はどれくらいなのか

一番といっていいほど重要視されるのが、この予算なのではないでしょうか。どれだけの予算、つまり家賃を払い続けることができるのか。それらを考慮し、自分たちの理想に近い賃貸を探していく必要があるのです。

限りある予算の中で「広さはどれくらい必要なのか」「どこに住みたいのか」「ベランダやキッチンはどのくらいの広さなのか」など、何が妥協できて何は譲れないのかを二人できちんと明確にし、相談し合うことが大切なのです。

 

新居を探すときのポイント②:子どもができたらどうするのか

子どもはつくるのか、つくらないのか。またはいつつくるのかなども考慮する必要があります。

家庭に子どもがいると、それなりの広さや立地が必要になってきます。子どもをつくらないと、あらかじめ決めているのであれば問題はありませんが、子どもをつくると決めているのであれば、必ず問題になってくるだといえるでしょう。

すぐに出産をする予定なのであれば、それこそあらかじめ子どもを考慮した上での賃貸選びが必要になってくるのです。

 

新居を探すときのポイント③:不動産会社に相談してみる

最近は、賃貸を探す際もスマホですべて完結できる時代になってきています。物件もインターネットでチェックしている人も多いのではないでしょうか。

ですが、直接不動産会社に行くのであれば、まだインターネットに掲載していない情報を教えてくれる場合もあるのです。

インターネットでは自分たちの条件にあった賃貸はなかったけど、不動産会社に相談してみたら掲載前の物件が見つかった。なんてことも少なくありません。

また、意見や要望がはっきりと固まっていなかったり、何かと選ぶのが大変だという場合も、その場で条件を直接相談することによって、不動産会社がそれぞれ合わせた物件を探してくれることでしょう。

 

夫婦それぞれきちんと相談して決めよう

新居を探すときのポイントを解説してきましたが、やはり何だかんだ一番重要で、大切なのは夫婦話し合ってしっかりと納得のいく答えを出すことなのです。

どちらにも、妥協できることから絶対に譲れないことまでそれぞれで出し合い、相談し合いながら決める必要があるのです。

 

彼氏・彼女の生活水準が合わない

いままで違う生活をしていた二人が同じ生活を始める時にいままで気づかなかった『生活水準』という問題がでてきます

彼氏の家庭は旅行や外食をしないのが普通で、彼女の生活水準のレベルが高いというなかなか意見が合わない新婚さんがいらしゃいました

『生活レベルが低い』と思われがちですが、実は『お互いの金銭感覚の違い』ということがよくあります

将来設計を含めて十分に話し合いが必要かもしれません

 

どちらかが勝手に決めるのはやめておいた方が良い

新居とは、その夫婦が一番長く共に過ごす憩いの場所です。そのため、どちらかが勝手に賃貸を決めてしまうのはトラブルの原因にもなりかねないのでやめておいた方が無難です。

確かに、夫婦それぞれ意見を出し合い、どちらも理想的な賃貸を完璧に見つけ出すのは不可能に近いといえるでしょう。しかし、そんな中それぞれが妥協し合い、右往左往ある中でしっかりと答えを導くということが大切なのです。

 

何より大切なのは二人が納得して選んだかどうか

つまり、一番大切にして欲しいのは「二人が納得して選んだ」という事実です。

新居を探すというのは、多くの新婚さんは結婚してからはじめての大きな決め事となるでしょう。

「新居とかよくわかんないから適当に決めといて」や「めんどくさいしもうここでいいでしょ」など、迷った末そんな結論になってしまったり、そういった考えのまま新居を決めるのはかなり危険です。

もし仮に、その結果住んでいる賃貸に不満が出てきてしまったとき、どちらか片方が負い目を感じたり、大きな責任がのしかかってしまいます。そんなことでトラブルになってしまうのは、絶対に避けるべきことです。

もちろん、二人で相談し合ったからといって必ず理想の賃貸にたどり着けるのか、不満が生まれないのかと聞かれればそうではありません。

ですが、もし仮にそうなったとしても、またもう一度話し合って解決すればいいのです。

 

まとめ

今回は、多くの新婚さんが抱えてるであろう新居を探すときのポイントを解説していきました。やはり毎日住むだけあって、自分の好みの部屋に住みたいと思うのはごくごく当然のことです。

そんな中、それぞれ夫婦が妥協し合い、二人が納得できる最高の新居を探していきましょう。

くれぐれも面倒だからといって、どちらか一方が勝手に決めるということのないように注意してくださいね。

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません