---------------

高齢の親に安心な『見守りサービス』『高齢者等相談員』『生活支援アドバイザー』

高齢の親に安心な『見守りサービス』『高齢者等相談員』『生活支援アドバイザー』

高齢の親が遠方で一人暮らししているのは非常に不安がありますよね。

UR賃貸住宅では『見守りサービス』を有料で提供されています

UR賃貸住宅のお部屋にセンサー機器を設置することで安否が確認できない場合にコールセンターに連絡が届き、入居者に確認の電話をしても確認できない場合に緊急連絡先に登録された方に連絡が届くシステムになっています

また、UR賃貸の管理業務を行っている住まいセンターでは高齢者等の相談員を配置して相談を受け付けています

遠方で一人暮らしをしている高齢の親御さんがいるご家族には魅力的な住環境です

 

見守りサービスとは

見守りサービス

操作などは一切不要

初期費用 7,249円

月額     990円

(3年に1回の電池交換費用2,640円)

UR賃貸住宅にお住まいの方限定

見守りサービスとは

UR賃貸住宅の見守りサービスは立山化学工業株式会社と契約することで、契約住戸に安否センサーが設置されて安否確認ができない場合にコールセンターに自動的に通報されてます

 

高齢者等相談員

UR賃貸の管理業務を行っている住まいセンターでは高齢者等相談員を配置されています

また、一部の団地では高齢者等巡回相談業務として定期的に巡回が行われています

年齢を重ねていくと家族に相談することが多くなりますが、近くに親族がいない場合などは相談する相手がいることで少し気が休まるのではないでしょうか

一般的な賃貸ではこのようなサービスは少ないですが、UR賃貸住宅は窓口があります

 

生活支援アドバイザー

一部の団地には高齢者等相談員と同じように相談業務をおこなっている生活支援アドバイザーがいます

相談内容も多岐にわたり、

  • UR賃貸住宅の高齢者等世帯を支援する制度の案内・相談
  • 公営住宅窓口の案内
  • 行政の福祉窓口の案内(生活保護・生活困窮者支援相談窓口)
  • 見守りサービスや生活関連情報の提供

などが行われています

 

まとめ

今後、高齢化社会を迎えるにあたって、うれしいサービスがUR賃貸住宅では提供されています

見守りサービスでは安価な金額でサービスを受けられます

高齢者相談員や生活支援アドバイザーなど相談相手がいるというのも高齢者には魅力的なサービスだとおもいます

遠方で親が一人で暮らしている方などは全国にあるUR都市機構の団地はメリットが多いかもしれません

 

 


[/cta_in]