---------------

賃貸の更新料は高すぎる?払わないとどうなる?

賃貸の更新料は高すぎる?払わないとどうなる?

賃貸物件に住み続けていると、一定期間で更新料を支払うタイミングが訪れますよね。

 

しかしこの更新料、高すぎるイメージがありませんか?

 

そのため、物件自体は気に入っていても、更新料が高すぎる為に引っ越しをする人もいるでしょう。

 

そこで今回は、更新料が高すぎる理由や、払わないとどうなるのかについて解説していきたいと思います。

 

 

更新料とは

 

それではまず、そもそも更新料とはどのようなものなのかから解説していきましょう。

 

賃貸物件の更新料とは、借りている部屋の契約期間が満了した時に、そのままその部屋を契約したい場合に借主が貸主に支払うものを指します。

 

更新料は、家賃の補充・前払い、賃貸借契約を継続するための対価等の趣旨を含む性質を有するものと解釈されており、分かりやすく解説すると、家賃を安めに設定する代わりに、賃貸契約を継続する見返りとして更新料が発生するという意味になります。

 

そのため、入居した部屋が気に入らなくて、契約満了を待たずに退去した場合は、更新料は発生しません。

 

更新料は、家賃が安い代わりに大家さんへの謝礼のようなものでもあるという事のようですね。

 

しかし、更新料の正確な金額は法律では明確な決まりがなく、地域によっても金額に差があります。

 

明確な決まりがないので、更新料自体は高すぎるという事がなくても、入居者サービスの会費等などで、別途で毎月費用がかかる場合もあるので、契約時にはしっかり確認することが大切です。

 

 

更新料が高すぎる理由とは

 

では次に、更新料が高すぎる理由について解説していきたいと思います。

 

先ほども解説した通り、賃貸物件の更新料の金額は、明確な決まりがないため、要は大家さん次第という部分が大きい部分でもあります。

 

そのため地域や物件によって、更新料の金額には幅があり、借り主が高すぎると感じる事があるのです。

 

首都圏などでは、契約期間が2年などに設定されており、この期間を超えて同じ部屋に住み続ける場合は、更新料として家賃の1ヶ月または半月分を支払う物件が多いですが、これも大家さんによって異なります。

 

 

更新料が高すぎる時に払わないとどうなる?

 

さて、ここまでで賃貸物件の更新料は、地域によってまたは大家さん次第なので高すぎると感じる事があるという事が分かりました。

 

では、更新料が高すぎると感じた場合に、更新料を支払わなかったらどうなるのでしょうか。

 

結論から言うと、賃貸物件の契約時に更新料の支払いに合意している場合は、更新料の支払い義務が生じます。

 

更新料の支払いに関しては、賃貸物件の契約時に、更新料を支払うという事に合意しているかどうかがポイントとなるのです。

 

そのため、更新料が高すぎると感じても、賃貸借契約において更新料の支払いに合意している場合は、支払わないと契約解除に至る可能性があります。

 

しかし、賃貸物件の更新料があまりにも高すぎる設定にされていたり、更新料の支払いが一般的ではない地域にある賃貸物件において更新料の設定がなされている場合は、貸主に相談することは出来ます。

 

このように、通常は更新料が高すぎると感じても、契約時に更新料の支払いに合意している場合は支払い義務がありますが、地域性やあまりにも合理的でない高額な更新料の場合は、貸主に相談する事も出来るようですね。

 

 

更新料を払いたくない時の対処法

 

それでは最後に、賃貸物件の更新料が高すぎる時に、払いたくない時の対処法をご紹介していきたいと思います。

 

賃貸物件の更新料に関しては、払いたくない場合の一番の対処法は更新料がかからない物件を探すという方法が有効でしょう。

 

一般的な賃貸物件でも、地域によっては更新料がかからないものもありますが、確実に更新料がかからない物件を探す場合は、「住宅金融公庫物件」がおすすめです。

 

住宅金融公庫物件は、国土交通省・財務省所管の特殊法人・政策金融機関が建設した物件で、更新料を支払う必要がないのが特徴です。

 

また、賃貸物件において設定されていることの多い、敷金は最高で家賃の3か月分までとされており、礼金などもかかりません。

 

住宅金融公庫物件は、退去時の敷金からの一定額の償却・物件の原状回復費用など入居者が負担する事を一切禁止しており、入居者にとってはメリットが大きい物件なのです。

 

賃貸物件の更新料が高すぎると感じていて、更新料がかからない物件を探す場合は、このような物件も検討してみると良いでしょう。

 

 

まとめ

 

さて今回は、賃貸物件の更新料が高すぎる理由や支払わないとどうなるのかや対処法などをご紹介してきました。

 

賃貸物件においては通常、2年ごとに更新料が発生する物件が多く、料金が法律で明確に設定されているわけではないので、場所によっては高すぎると感じる事も多いかもしれませんね。

 

更新料は、賃貸借契約において合意している場合は支払い義務が生じているので、支払わないと契約解除になる可能性もあります。

 

そのため、更新料が高すぎると感じた場合は、まず契約時にしっかり確認することをおすすめします。

 

そして、更新料があまりにも高すぎる場合は、貸主に相談するか更新料がかからない物件を探すようにしましょう。

 

 

 

 


[/cta_in]