---------------

ur賃貸を借りるのに緊急連絡先がいない!どうしたらいい

ur賃貸を借りるのに緊急連絡先がいない!どうしたらいい

UR賃貸住宅はご存じの通り保証人なしで利用することができるありがたい賃貸です

ただ、保証人はいならないけれども緊急連絡先は2名申告する必要があります

緊急連絡先は相手の了解はなしで取り合えず書いてほしいと言われてしまいますが、緊急連絡先が本当にいない場合はどうすればいいのでしょうか?

 

緊急連絡先は必要

緊急連絡先とは

UR賃貸緊急連絡先は契約時に入居者名簿に書いて提出します

金銭的な負担は一切なく、水漏れ、火災の時に本人との連絡が取れない時のために書いていただくものになります

2名を提出するのですが、場合によっては1名でもいいようです

兄弟、姉妹、親、親戚の叔父叔母さんあたりになると思います

あくまでも保証人ではなく連絡先ということになりますので、連絡先になってくれる方には保証人ではないということをお伝えするようにしてなっていただくようにお願いしたらいかがでしょうか?

 

◆ 必要な情報

氏名・生年月日・住所・電話番号が必要になります

 

◆ 依頼できる相手

基本的には2親等以内の家族(親・子・兄弟)になります

もし、厳しい場合は叔父・伯母・親戚になります

ただ、どうしても厳しい場合は友人や知人でも大丈夫です

緊急時に連絡が付く相手を探していただくことが必ず必要になります

 

◆ 必要人数

原則2名必要になりますが、1名でも受け付けてもらえます

 

◆ 変更可能

入居後変更は可能

 

緊急連絡先必修の理由とは

賃貸住宅の場合に入居者と連絡がつかなくなるということが一番困ります

UR賃貸住宅は連帯保証人ナシというサービスをしておりますので、通常連帯保証人が連絡先になることがありますが、連帯保証人がいないのでどうしても緊急連絡先が必要になります

 

家賃滞納・安否確認・事件事故

緊急連絡先に一番連絡が入りやすい可能性は家賃滞納です

賃料滞納による強制退去もいきなりすることはできません

ただ、緊急連絡先だけの登録になりますので、家賃の支払いを求められたりすることはありません

また、割引制度を利用している場合は状況確認のために書類を提出しなければならない時もありますので、入居者と連絡が付かない場合は連絡がはいります

火災・事件などで入居者と連絡が付かない時にも連絡が入ります

 

緊急連絡先になってくれる可能性があるサービス

親族や仕事関係・友人関係もどうしても難しい場合は弁護士や代行会社・地方時自治体に相談するのもいいかもしれません

費用はかかる可能性が高いですが、どうしてもいない場合は相談してみるもいいかもしれません

 

まとめ

おひとり様家庭が増えてきている中、保証人でなくても緊急連絡先を探すのは大変です

契約するのにはどうしても緊急連絡先は1人必要になります

保証人という訳ではありませんので、職場の方、友人に相談してみてはいかがでしょうか?

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません

 

関連記事:UR賃貸に入居するための審査条件とは