---------------

賃貸で雨漏りしているのに修理してくれない時の対処法とは?

賃貸で雨漏りしているのに修理してくれない時の対処法とは?

賃貸住宅のトラブルで、雨漏りをしているのに大家さんが修理してくれないというものがあります。

ほとんどの大家さんは、賃貸で雨漏りがしたらすぐに対応してくれると思いますが、中にはすぐに修理してくれない人もいるでしょう。

そのような時に、入居者は自分で修理しなければならないのでしょうか?

そこで今回は、賃貸で雨漏りがしているのに大家さんが修理してくれない時の対処法について解説していきたいと思います。

 

賃貸での雨漏りは大家さんが修理する

まず大前提として、賃貸物件の修理は大家さん側が負担する義務があるという事を覚えておきましょう。

民法606条1項では、「賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う」と定められています。

これには、雨漏りをはじめ、外壁が崩れ落ちた場合や建物自体の不具合なども含まれます。

そのため、賃貸で雨漏りがした時に、大家さんが修理してくれないのは違法となるのです。

 

雨漏りがした時にする行動

では次に、雨漏りがした時に入居者側がする行動には、どのようなものがあるのかを解説していきましょう。

先ほど解説した通り、賃貸で雨漏りが発生した場合は、大家さんに修理の義務があります。

そのため、入居者が勝手に自分で修理業者に修理を依頼してはいけません。

建物の修繕は大家さんが行うもので、大家さんが提携している修理会社があるケースもあるからです。

 

大家さんや管理会社に連絡をする

まずは、雨漏りがしているのを発見したら、大家さんや管理会社に連絡をしましょう。

連絡をしないまま、雨漏りを放置しておくと、壁などに雨だれのシミが出来てしまう可能性があります。

そうなると、入居者が損害賠償を支払わなければならなくなる事もあるので、すぐに連絡する事が大切です。

 

雨漏りがしている部分の写真を撮る

2つ目は、雨漏りがしている部分の写真を撮るという事です。

賃貸物件では、問題が起きた時に原因の究明や保険の申請などに役立つように、証拠写真を撮っておく事が重要なのです。

もしも、動画が撮れるようなら、写真と一緒に動画も撮っておくとさらに良いでしょう。

もしも、今回のテーマのように、大家さんや管理会社の対応が遅い場合に、証拠として提出する事も出来ます。

また、台風などの自然災害の雨漏りで、家財道具が故障してしまった場合は、家財道具の修理は入居者負担ですが、大家さんの対応が遅いためにそれが原因で家財道具が故障した場合は、大家さんに対して損害賠償を請求できる可能性もあります。

このように、状況によってその後の保障が変わってくる事があるので、写真や動画を残しておくようにしましょう。

 

応急処置だけはしておいてもOK

そして3つ目は、応急処置だけはしておくという事です。

証拠の写真や動画を撮影したら、すぐに応急処置だけはするようにしましょう。

天井から水が落ちてくるような場合は、バケツなどを設置しましょう。

また、家電製品に水がかかると故障の原因になるので、ビニールなどで覆う事も忘れないようにしましょう。

 

賃貸で雨漏りがしていても修理してくれない時の対処法

では最後に、賃貸で雨漏りがしていても、大家さんが修理してくれない時の対処法について解説していきたいと思います。

入居者が建物の修理を要求する事は、民法によって当然の権利として定められているので、まずは「直してください」と何度も主張するようにしましょう。

それでも対応してくれない場合は、入居者自身が業者を手配して修理を行い、修理費を請求しても良いかを大家さんに確認し、許可が下りた場合は修理業者に依頼します。

許可が下りていないのに、勝手に修理した場合は、修理費用を請求できなかったり、退去時に原状回復を求められたりする事があるので、必ず許可をとるようにしましょう。

そして、その時の会話も録音しておくようにしましょう。

許可が下りない場合は、入居者自ら修理をしたり、家賃の減額が可能という事が民法によって定められていますが、これは最終的には双方の合意の元でないと行えないので、最悪の場合裁判にまで発展してしまう可能性があります。

そのため、入居者が出来る現実的な方法としては、とにかく早急に修理してほしいのだと大家さんや管理会社に伝え続けるという方法でしょう。

このようなトラブルの時は、「言った・言わない」のような問題になるケースが多いので、その時の会話を録音しておく事が重要です。

 

まとめ

さて今回は、賃貸で雨漏りがしているのに修理してくれない時の対処法というテーマで、詳しく解説してみました。

賃貸物件では、建物に何かトラブルが起こった時は、基本的には大家さんに修繕の義務があります。

そのため、入居者が勝手に修理などを行う事が出来ず、トラブルに発展してしまうケースが多いのです。

しかし、修理を要求するのは入居者の当然の権利なので、まずは大家さんや管理会社に雨漏りがしている事実を伝え、修理をしてくれるように強く主張するよう事をおすすめします。

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません