---------------

賃貸契約書をなくしたらどうしたらいい?対処法を解説

賃貸契約書をなくしたらどうしたらいい?対処法を解説

賃貸住宅を借りる時に、重要な書類として保管しておく必要がある「賃貸契約書」。

しかし、何らかの理由で賃貸契約書をなくしてしまうというトラブルが発生する事があります。

普段、あまり見る機会がないので、なくしても特に問題がないと思う人も多いかもしれませんが、賃貸契約書はとても重要な書類です。

そのため、なくした時はきちんと対処する必要があります。

そこで今回は、賃貸契約書をなくした時の対処法について、詳しく解説していきたいと思います。

 

そもそも賃貸契約書とは?

それではまず、そもそも賃貸契約書とはどのようなものなのかについて解説していきましょう。

賃貸契約書とは、賃貸契約を結んだことを証明する為の書類です。

賃貸契約書に書かれている内容は、その賃貸住宅の契約期間や契約更新の条件など、細かく決まりごとが記載されています。

この賃貸契約書は、借主と大家さんや不動産会社の間で、賃貸契約を巡るトラブルが発生した時に、どのような解決したら良いかが書かれており、ここに書かれている事が、賃貸契約では大きな効力を持ちます。

このような重要な書類であるので、賃貸契約書をなくしてしまうと、トラブルが発生した時に解決法が分からず対処するまでに時間がかかってしまうのです。

 

賃貸契約書をなくしたらどうしたらいい?

では次に、賃貸契約書をなくしてしまったらどうしたらいいのかを解説していきましょう。

まず、賃貸契約書をなくしてしまっても、すぐに退去しなければならないという事はありません。

しかし、賃貸契約書が手元にない状態ですと、トラブルが発生した際は不都合が発生する可能性があります。

そのため、賃貸契約書をなくした事が発覚した時は、早めに不動産会社に連絡をしましょう。

そして、この時に出来る対処法としては、賃貸契約書を再発行してもらうか、不動産会社側の賃貸契約書をコピーしてもらうかの2通りになります。

この2通りの中でも、多くの場合は不動産会社側の賃貸契約書をコピーしてもらうという対処法が一般的です。

なぜなら、賃貸契約書は、再発行した契約書の内容が、元に契約書の内容と少しでも異なる場合、作成日で優先度が決まってしまうからです。

同じ日付で再発行すると、優先度が分からなくなりトラブルの元になります。

このような理由から、リスクを少なくする為、コピーをしてもらう事が一般的なのです。

 

賃貸契約書がないと困る事

では最後に、賃貸契約書がないと困る事を解説していきたいと思います。

具体的な困るケースは、下記の通りになります。

  • ペットや楽器などの騒音に関するトラブル
  • 契約更新時や解約時の金銭的なもの
  • 退去時の原状回復義務に関して

 

主に、このようなトラブルが発生した場合、賃貸契約書がないと非常に困ります。

 

まとめ

さて今回は、賃貸契約書をなくしたらどうしたらいいのか、対処法などをご紹介してきました。

賃貸契約書は、賃貸住宅を契約している期間中、とても重要な書類になります。

契約に関する内容や、トラブルが発生した時の解決方法が記載されているので、なくしてしまうと困るケースが多くあります。

賃貸住宅のタイプによっても、賃貸借契約書の内容は異なるので、なくさないように細心の注意が払う必要があるのです。

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません