不動産屋さんにお礼って必要?渡すタイミングやおすすめのお礼もご紹介

不動産屋さんにお礼って必要?渡すタイミングやおすすめのお礼もご紹介

不動産売買や賃貸住宅を見つける際、とてもお世話になった不動産屋さんには、何かお礼をしたいと考える人もいますよね?

しかし、具体的にどのようにお礼をしたら良いのか分からないという人も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、そもそも不動産屋さんにお礼って必要なのか、また渡すタイミングやおすすめのお礼などもご紹介していきたいと思います。

 

不動産屋さんにお礼って必要?

それではまず、そもそも不動産屋さんにお礼って必要なのかという事から解説していきましょう。

これは、結論から言うと不動産屋さんにお礼は本来は必要ありません。

必ず、お礼をしなければならないという決まりはないので、例えお礼をしなかったからと言って失礼になるという事はないので安心しましょう。

不動産売買や賃貸契約の際に、不動産屋さんには仲介手数料というものを支払いますよね。

これが、実際に契約を成立させた事への対価となっています。

この仲介手数料の中には、お客様からの「理想通りの物件を見つけてくれた事への感謝の気持ち」が含まれています。

また、お礼というのは何も「物」を贈る事だけではありませんよね。

不動産売買や賃貸契約を行う際は、少なくとも数回不動産屋さんと会う事になります。

日頃から、感謝の気持ちを伝えて良好な関係を築いていく事も、不動産屋さんへのお礼になります。

 

不動産屋さんにお礼を渡すタイミング

では次に、お礼は必要ないと分かっていても、それでも感謝の気持ちを形として表したいという人の為に、不動産屋さんにお礼を渡すタイミングをご紹介していきたいと思います。

不動産屋さんにとって、物件紹介や不動産売買の場はビジネスであり、タイミングを考えて渡さないと迷惑になってしまう事もあります。

 

物件の引き渡し後

不動産売買の場合、契約してから無事に物件の引き渡しが終わるまで、不動産屋さんとの付き合いは続きます。

そのため、何か物としてお礼を渡すのなら、物件の引き渡しや残代金決済が済んだ後がベストでしょう。

物件の引き渡しは、売買契約を行ったおおよそ1ヶ月後になるので、売買契約が終わったくらいの時期にお礼の品を選び始めると良いですね。

 

引き渡しが終わった後に郵送

不動産屋さんは、物件の引き渡し当日は何かと荷物が多いです。

また、引き渡し完了証の署名捺印や決済手続きで忙しいので、直接渡すのは難しい場合もあります。

そのような時は、後日事務所に郵送でお礼の品を贈るのも良いでしょう。

一言添えて贈れば、感謝の気持ちを伝える事も出来ますのでおすすめです。

 

おすすめのお礼

では最後に、不動産屋さんへのお礼におすすめのものをご紹介していきたいと思います

 

菓子折り

1つ目は、菓子折りです。

不動産屋さんへのお礼の品としては、だいたい2,000~3,000円程度の菓子折りがおすすめです。

感謝の気持ちを伝えたいからと言って、あまりにも高価なものが逆に気を遣わせてしまうので控えましょう。

また、菓子折りを渡す際に、「心づけ」を考える人もいるかもしれませんね。

しかし、不動産屋さんへのお礼で心づけは必要ありません。

お金でのお礼は、特に大手の不動産屋さんの場合、コンプライアンス上あまり好ましくないと言われています。

そのため、感謝の気持ちを表すお礼としては、菓子折りのような「物」で渡すようにしましょう。

 

紹介や再契約

そして2つ目は、紹介や再契約です。

不動産屋さんにとって、最も嬉しいのがお客様の紹介や担当者を指名してもらう事です。

 

そのため、お礼を贈りたいと思う程、不動産売買や賃貸契約の際に親切にしてくれた担当者の場合は、お客様を紹介するというお礼の方法もあるのです。

 

まとめ

さて今回は、不動産屋さんにお礼は必要か、また渡すタイミングやおすすめのお礼というテーマで、詳しく解説してみました。

不動産屋売買や賃貸契約の際は、不動産屋さんと密接に関わる事になりますよね。

とても親切にしてもらえた時は、感謝の気持ちを伝えたいと思い、お礼を渡したいと思う人も多いと思います。

その際は、ぜひ今回ご紹介したお礼の品やタイミングを参考にしてみてくださいね。

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません