---------------

初期費用をとにかく抑えたい学生、社会人の方におすすめ賃貸住宅とは

初期費用をとにかく抑えたい学生、社会人の方におすすめ賃貸住宅とは

男性一人暮らしであれば一狭いワンルームで賃貸を探すというのが一般的ではあるかと思います

実は UR 住宅の物件の中には安い金額で1 DK 2 DK なども借りることが可能です

少し広い部屋を考えたいなと思われる方は UR 賃貸住宅を見てみるのもいいかもしれません

民間住宅 VS UR賃貸住宅

本当に安いの?民間の敷金礼金ゼロ円物件

民間賃貸マンションで諸費用ゼロ円礼金ゼロ円という物件があります

本当に安いんでしょうか

実は諸費用を計算していくと意外と費用が高いものがかかってきます

  • 保証料(家賃の1カ月分)
  • 鍵の交換費用(1万円~2万円)
  • 短期間違約金(家賃の1カ月分)
  • クリーニング代金(1万円~2万円)
  • 火災保険料(2万円)

費用だけで見ると UR 賃貸の場合はこういった項目の費用は一切かかりません

また、こういった費用は一切戻ってきません

更に1年更新2年更新時には保証料・火災保険料はかかってきます

民間賃貸に比べてUR 賃貸住宅の部屋はどう?

UR賃貸の部屋
多聞台団地

民間賃貸の部屋の大きさは15㎡~18㎡ぐらいのワンルームでお風呂とトイレが一緒のユニットタイプのものが多いです

ベットを設置するとほとんど生活スペースがなくなるために、自宅でゆっくりすることや友人を家に招くのも難しいことが多いです

ワンルームでは日当たりなどが望めないものもあります

UR賃貸住宅の場合は築年数は古いですけれども大きくリフォームやリノベーションがされているので家内は非常に綺麗ですまた設備関係は新しいものが入っているものが非常に多いです

マイナス面としてエレベーターの設置とオートロックがないものが非常に多いです

審査はどちらが簡単?

審査はどちらが簡単?

UR 賃貸住宅の場合は勤続年数など保証人のが全く必要なく収入家賃の4倍の収入もしくは1年間以上の家賃の前払いのみで入居することができます

民間賃貸住宅の場合は現在ほとんど保証会社の審査が必要になっており保証料も家賃の1か月と額も大きいものが口が大きいです

入居審査に限れば、UR賃貸は審査が非常わかりやすいです

学生さんの場合は親御様の収入が家賃の4倍あれば審査は通ります

また、保証料などの保証会社に支払う費用がないのは非常にお得です

割引制度

割引制度

民間賃貸住宅でも最近ではフリーレントを制度がついており一か月2か月に家賃が無料っていう場合も結構あります

UR 賃貸住宅も基本的にはフリーレントがついてる部屋もあります

駐車場のフリーレントというのもございます

  • UR賃貸住宅独自の割引制度もあります
  • U35 35歳以下の方が家賃20%オフ
  • そのママ割 子育ての家族には家賃20%オフ
  • 子育割   子育ての家族には家賃20%オフ
  • 近居割ワイド 同じ市町村で実家がある場合家賃5%オフ

と独自の割引制度があります

最近 UR 賃貸住宅がやり始めているサービスで家賃の支払いに Ponta ポイントが付くサービスなども行っておられるのでさらにお得感が増しています

退去時の負担

退去時の負担については UR 賃貸と民間渋滞では大きく違っています

民間賃貸の場合などは基本的に保証金敷引きという形で決まった金額が差し引きされての保証金は返ってくるという仕組みになっております

UR賃貸住宅の場合は

保証金2ヶ月分から国交省のガイドラインに則った形で傷んだ部分に対して保証金から引かれるという形をとっております

3年住んで3万から4万円程度が費用が平均になりますので、家賃と共益費以外にかかる費用は結果的に3万円~4万円ということになります

まとめ

いかかがでしたでしょうか

UR賃貸住宅はどこにでもあるという訳ではありませんが、もし検討のエリアにあれば検討してみてもいいのではないでしょうか?