---------------

賃貸住宅を契約する時にプロはどこをみるのかのポイントを解説!

賃貸住宅を契約する時にプロはどこをみるのかのポイントを解説!

賃貸を契約する時に必ず契約書に書いていることを十分理解していないと、損することもあります

不動産会社の営業マンはもちろんすべてを確認しますが、特にトラブルになりやすい箇所は決まっています

契約書のどの部分をみれば、この契約は入居者にとって不利な契約か通常の契約かがわかります

契約書の問題のほとんどは退去時です

退去をスムーズにすすめるためにも特に退去についての内容については確認しましょう

 

賃貸契約の用語については理解が必要

賃貸契約書は専門用語がよく使われています

理解しておいた方がいい用語について解説しました

  • 礼金・・・家主へのお礼
  • 保証金・敷金・・・同じ意味ですが関東では保証金・関西では敷金と表記されています。家主に預けて退去時に返金されるが、原状回復費用や家賃滞納がある場合は差し引かれて返金される
  • 原状回復費用・・・退去時に部屋を復旧されるための費用・入居者負担分と家主負担分にわけられます

 

礼金は100%帰ってこない

礼金2ヵ月とか礼金0か月が物件資料にはかかれています

礼金は古い日本の慣習で部屋を借りることについて家主にお礼の意味での支払いです

退去時も戻ってこないお金になります

できれは礼金ではなく、敷金・保証金という物件であれば返金される可能性があります

退去時に原状回復費用を敷金や保証金から差し引いた残りの金額が返金されます

UR賃貸住宅の退去の手続きと注意したこと

 

ここを確認すれば大丈夫!入居者が納得できない契約書とは

ここを確認すれば大丈夫!入居者が納得できない契約書とは

特約に注意

賃貸者契約書は基本的な内容についてはほとんど変わりません

契約内容が変わる部分は最後に記載される特約(とくやく)です

今回の契約については特別な内容がありますということで通常の契約内容に追記されるものです

 

不動産会社も特約については入居者に十分理解してもらいたいために、改めて書かれていることもありますので、特に特約条項については十分に説明を受けたほうがいいです

入居者にとんでもなく不利な契約条項が書かれている場合もあります

 

退去届はいつまでに

契約の退去通知は通常1か月前ということが一般的です

今月退去通知すれば、来月の月末までは家賃がかかるという契約です

これも家主側に有利な契約です

退去するなら新しい入居者を探すからその間は家賃が発生するということになり、すぐに退去することはできません

ただ、不動産会社によっては3か月前に退去通知をして下さいという契約書があるのも事実です

退去するのは急なことも多いですからなかなか3か月前に通知することは難しいです。

ただ、退去してもいいけど3ヶ月分の家賃は発生しますということです

 

立ち退き項目

期間の定めがある定期借家契約と違い、普通賃貸借契約の場合は家主側から退去を求めるのは入居者の同意が必要です

ところが、古い建物だから安全性が確保できない場合は退去を求めることができるという項目があると家主が退去を求めてくると退去しなければいけなくなります

相続などのために退去を求めることができる契約書もあることがあります

 

まとめ

退去の時に聞いていないということでトラブルになることが多いですが、基本的にはすべて契約書に書かれている内容が多いです

賃貸トラブルを避けるためにも契約書では特約条項や退去時の費用負担についてはよく確認する必要があります

やはり、入居者の方が弱い立場であるので、ご自身では解決できない場合は第三者にご相談することをおすすめします

高額な退去費用トラブル解決法は?第三者に相談・裁判・民事調停

 

 


[/cta_in]