---------------

賃貸は保証人がいないとダメ?高齢者はどうする?

賃貸は保証人がいないとダメ?高齢者はどうする?

多くの賃貸住宅では、借りる時に保証人が必要になりますよね?

しかし、高齢で身寄りがいなかったり、保証人になってくれる人を見つけられない場合はどうしたらいいのでしょうか。

保証人がいないため、賃貸を借りることが出来ない高齢者が増えているのも現状です。

そこで今回は、賃貸で保証人がいない場合、また高齢者はどうしたら良いのかというテーマで、詳しく解説していきたいと思います。

賃貸を借りたいけれど、保証人がいないという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

賃貸で保証人がいないため高齢者が入居を断られる

現在の日本では、現状として賃貸物件を借りる時に、保証人を立てられない高齢者は入居を断れるケースが多くなっています。

その一方で、高齢化社会に突入し、「自分の暮らしに責任を持ちながら生きていきたい」と考える高齢者や、「子供たちに迷惑をかけたくない」と考えている高齢者も増えているのです。

こうした中で、保証人が確保できないために、賃貸を借りることが出来ない高齢者が増えている事が、問題となってきています。

 

高齢者の入居で保証人が必要な理由

では、どうして高齢者の入居で保証人が必要なのかを解説していきましょう。

 

家賃滞納のリスクが大きいから

まず1つ目は、家賃滞納のリスクが大きいからという事です。

 

年金や貯蓄を繰り崩しながら生活している高齢者の場合、若い世代の人達と比べると収入が限られていますよね。

賃貸の場合、月々の家賃は支出の中でもまとまった固定費となるので、高齢者にとっては負担の大きいものと言えるでしょう。

こうした中で、若い世代の人達と比べると、家賃滞納のリスクが格段に大きくなると考えられているのです。

さらに高齢者の場合、オーナー側にとって家賃滞納が続いたとしても、取り立てや明け渡しが難しくなると考えられているケースも多く、最初からリスクを最小限に減らしたい思いから、高齢者の入居を断る所が多いのです。

保証人がいない高齢者の場合、親族の援助も見込めません。

通常は、家賃滞納が続き、当事者同士で解決できない場合は、裁判所の審判を経て明け渡しの執行を行う流れですが、実際のところ高齢な入居者相手の場合は、執行されないケースもあるのです。

 

健康状態が心配だから

2つ目は、健康状態が心配だからです。

 

高齢になると、いつ健康状態が悪化するか分からないという事が多いですよね。

日本では、賃貸物件の場合、入居者である賃借人の権利が法律で手厚く守られています。

そのため、もし入居者が部屋の中で死亡した場合も、勝手に賃貸契約を終了する事は出来ない事になっています。

相続人に相談した上で、契約相続や解約について手続きを行わないと、契約を解除する事が出来ません。

こうした理由から、保証人のいない高齢者の場合、このようなリスクが大きいと考えられているのです。

 

住宅の使用に対する不安が大きいから

そして3つ目は、住宅の使用に対する不安が大きいからです。

 

賃貸住宅によっては、最新の設備が揃っている物件も多くあります。

そうした中で、高齢者が部屋の使用方法などが分からず、思わぬ事故に繋がってしまう事を懸念するオーナーが多いのです。

高齢の親に安心な『見守りサービス』『高齢者等相談員』『生活支援アドバイザー』

 

賃貸で保証人がいない為に断られた時の対処法

では最後に、賃貸で保証人がいない為に断られた時の対処法をご紹介したいと思います。

 

保証人が不要の物件を探す

まず1つ目は、保証人が不要の物件を探すという事です。

 

最近、保証人を不要にする動きが全国の自治体で広がっていて、公営住宅が高齢者の受け皿となっている地域が多くあるのです。

特に、UR賃貸住宅は、収入や貯蓄が一定の基準を満たしていれば、保証人がいなくても賃貸を借りることが出来ます。

 

家賃保証会社を利用する

2つ目は、家賃保証会社を利用するという事です。

 

最近では、家族や親族を保証人に立てる代わりに、「家賃保証会社」を利用する人が増えてきています。

これは、賃貸物件の契約時に、借主から利用料を支払ってもらい、保証人を代行するというサービスです。

借主が、万が一家賃を滞納した場合は、家賃保証会社が代わりに家賃を支払う事になります。

審査を通過する必要はありますが、高齢者で保証人が確保できない人にとっては、賃貸を借りやすくする手段の1つと言えます。

老後住む賃貸住宅はURがおすすめです!高齢者の審査・住み心地

 

まとめ

さて今回は、賃貸は保証人がいないとダメ?高齢者はどうする?というテーマで、詳しく解説してみました。

賃貸物件を借りる際は、通常保証人を立てる必要があり、身寄りのない高齢者にとってはとても大きな壁と言われてきました。

しかし、高齢者でも賃貸を借りやすくするために、様々なサービスを提供している自治体も増えてきています。

高齢者で保証人を立てる事が難しい人は、ぜひ今回ご紹介したサービスを参考にしてみてくださいね。

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません