---------------

賃貸の合鍵はバレる?作製時の注意点などもご紹介します!

賃貸の合鍵はバレる?作製時の注意点などもご紹介します!

みなさんは、賃貸に入居した時に合鍵を作製した事はありますか?

アパートやマンションなどの賃貸の場合、入居する際に基本的にはメインの鍵と合鍵の2本が渡されます。

しかし、実家の家族や他にも同居人がいる場合や、万が一鍵を紛失してしまった時の為に、合鍵を作製したいと思う人も多いでしょう。

ここで気になるのが、合鍵を作製するとバレるのかという点です。

そこで今回は、賃貸の合鍵はバレる?作製時の注意点というテーマで、詳しく解説していきたいと思います。

賃貸に入居していて、もう少し鍵が必要という人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

賃貸の合鍵はバレる?

返却時にバレる

それでは早速、賃貸の合鍵はバレるのかを解説していきましょう。

結論から言うと、賃貸の合鍵は勝手に作製したとしても、バレる事はありませんが返却する時にバレます

入居者に鍵を渡す時に鍵のナンバーをすべて控えています

一部の管理会社は控えていないこともありますが、鍵の本数とナンバーを控えているので必ずバレます

基本的に、賃貸で使用されている鍵は、鍵屋さんに持って行けば簡単に合鍵を作ることは出来ます。

また合鍵を作製する時に、個人情報を確認されることもないので、合鍵を作ってもバレる事はないのです。

 

賃貸の合鍵を作製する時は許可が必要?

では次に、賃貸の合鍵を作製する時は、大家さんなどに許可をとる必要があるのかという点について解説していきたいと思います。

実際に、賃貸の鍵は簡単に合鍵を作製する事が出来ますが、合鍵を作製する際は、必ず大家さんや管理会社に許可をとる必要があります。

その理由としては、賃貸は大家さんから借りているものであって、入居者の所有物ではないからです。

大家さんには、入居者が安全に生活できる環境を提供するという義務が課せられており、合鍵を作製した事によって何らかのトラブルが発生した場合、大家さんはこの義務を果たしていないという事になりかねないのです。

こうした理由から、賃貸の合鍵を作製する際は、大家さんや管理会社に許可をとる必要があります。

また、大家さんや管理会社の許可が必要なもう一つの理由としては、合鍵を作製すると防犯性が下がるからという理由もあります。

万が一、作成した合鍵を紛失してしまえば、盗まれた合鍵で不法侵入される危険性も高まります。

また、盗聴器の設置の原因にもなりかねません。

このように、合鍵1つでも様々なトラブルの原因となる可能性がある事から、賃貸で合鍵を作製する際は大家さんに許可をとるようにしましょう。

 

 

賃貸の合鍵作製時の注意点

それでは最後に、賃貸の合鍵作製時の注意点を解説していきたいと思います。

 

合鍵から合鍵を作るのは避ける

まず1つ目は、合鍵から合鍵を作るのは避けるという事です。

賃貸の合鍵を作る際は、必ず元鍵から作製するようにしましょう。

なぜなら、鍵は毎日使用していると、すり減ってしまう物だからです。

すり減ってしまった鍵で合鍵を作ると、合わない鍵穴に無理に差し込むことになり、鍵が破損してしまう原因にもなります。

 

賃貸契約書を確認する

そして2つ目は、賃貸契約書を確認するという事です。

合鍵の作製に関しては、入居時に交わす賃貸契約書に全て記載されています。

契約書には、合鍵作製時にはどこどこに連絡をしてくださいというように、申告先が記載されている事が多いので、後々トラブルにならないためにも、あらかじめ賃貸契約書を確認してから合鍵を作製するようにしましょう。

 

まとめ

さて今回は、賃貸で合鍵はバレる?作製時の注意点というテーマで、詳しく解説してみました。

賃貸に入居している人ならば、合鍵を作りたいと一度は思った事があると思います。

基本的には、賃貸でも合鍵を作製する事は可能ですが、今回ご紹介したようにトラブルに発展しない為に、注意しなければならない点がいくつかあります。

持ち家と違い、賃貸はあくまで大家さんから借りているものだという事を忘れないようにしましょう。

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません