---------------

UR賃貸は最短の入居にまで要する日数は?

UR賃貸は最短の入居にまで要する日数は?

UR賃貸に入居スケジュールについてまとめてみました

物件の条件にもよって変わってきますが、リフォームが終わっているお部屋の場合は約10日前後です

ご見学⇒仮申込⇒本申込⇒契約⇒入居)という流れがUR賃貸住宅のご入居までのスケジュールになります。

仮申込してからご見学もできます

キャンセル料もかかりませんので、先にお部屋を抑えてから見学に行くと安心です

(ご見学⇒仮申込⇒本申込⇒契約)は1日で頑張ればできるかもしれませんが、(契約⇒入居)までが古い鍵から新しい鍵に交換する期間になります

ここで約1週間かかります

 

そのため最短で入居できる日数は7日~10日ということになります

どうしても早く入居を考えておられる方はUR賃貸営業センターにご相談することで少しは対応していただけるかもうしれません

 

UR賃貸住宅申し込みから入居まで

お部屋の見学

各団地にてご見学をすることができます

身分証明書が必要になります

 

空室の確認はUR賃貸の公式ホームページから確認することができます

注意したことがお部屋ごとに見学できる日にちが記載されていますが、早く入居したい場合はすぐに見学できるお部屋を選んでください

お部屋によっては1週間後見学可能もしくは1か月後見学可能と表示されているお部屋もありますが、そういったお部屋は通常はリフォーム中の部屋でまだ見学できる状態にはないことが多いです。

関連記事:UR賃貸仮申込後のキャンセルの方法は?契約後でもキャンセル料はいくらかかる?

 

仮申込

いいお部屋があれば、仮申込を行います

仮申込についてはUR賃貸営業所もしくは斡旋不動産会社で申込することができます

UR賃貸住宅は入居資格ということで一定の基準をクリアしなければいけません

お部屋の家賃によって必要な年収以上の税込収入が必要になります

フリーランスの方や無職の方は特例審査という方法で家賃1年分前払いする一時払い制度や預貯金の残高が家賃の100倍あることで入居することができる貯蓄残高制度で入居することもできます。

また、収入が足りない場合は同居する家族と収入を合わせることができる方法や別世帯の家族の収入を足すことができる家賃補給制度という方法もあります

 

仮申込と同時に必要書類があればすぐに本申込することができます

関連記事:仮申込の手続き

 

本申込

本申込は入居審査ということになります

お部屋の家賃に応じた収入があるか?

必要書類に不備がないかどうか?

書類などはそれぞれ決められたものを提出する必要がありますので、入居を急がれている場合は事前に必要書類を正確に用意してください

 

の3つの方法があります

関連記事:UR賃貸に入居するための審査条件とは

 

それぞれ、ご提出する書類は違います

契約

契約書は全国のUR賃貸は同じものになり、1時間半~2時間ぐらい説明を受けます

  • 敷金(家賃2か月分)
  • 日割家賃
  • 日割共益費

 

を納めます

仮申込をしてから契約まではUR賃貸営業所次第で当日でできる場合もあります

 

鍵渡

入居手続きが終わると、鍵の引きたわしまで約7日間は必要になります

現地もしくはUR賃貸営業所で鍵を受け取り手続きを行い終了です

もし、代理人が鍵を受け取るときは事前に必要書類が必要になりますので特に注意をしてください

 

まとめ

入居を急がれている場合はスムーズに仮申込・本申込・契約という手続きをすすめる必要性があります

特に書類の不備などはないように事前に十分確認してから手続きをすることをおすすめします

また、入居資格はお部屋の家賃に応じて必要な収入も変わりますので、特に注意が必要です

スムーズに手続きが行えれば1週間~10日でご入居することも可能です

 

 

■ お得にUR賃貸にご入居できる

当社ではUR賃貸へのお引越しを考えている方にお得なサービスをご提供させていただいております

入居前に当社でお部屋の仮予約をしていただき、書類をUR賃貸にご提出してご入居いただきますとご入居お祝い金として家賃1か月分のキャッシュバックを行っています

余計な費用がかかるということもありません